まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
杉山夏子

お金の安心・安全を守るファイナンシャルスタイリスト

杉山夏子(すぎやまなつこ)

マネー・スタイリスト株式会社

杉山夏子プロのコラム一覧:家計の見直し

住宅ローンやカードローン、奨学金。借りられるものは借りたいと考えてしまいますが、実は借金には「良い借金」と「悪い借金」があるのです。つづきはコチラ → ローンをする前に知っておきたい「いい借金」と「悪い借金」

借金・ローンをする際に考えるのは「いくら借りるか」ではなく、「いくら返すか?」です。借金には利息が付きますので、返す金額は借りた金額より「多く」なるのです。つづきはコチラ

最近、ガンによる入院、手術、通院のお話を伺う機会が多いです。ご年齢、性別関係なくいつ襲ってくるかわからない病。それまでのお仕事、生活などへの影響も大きく、肉体的にも精神的にも大変なストレスとなります。検査に行くのはとても大切ですが、ご病気になって慌てないためのお金につい...

前回の幼稚園、小学校の教育費に続き、今回は中学校・高校・大学編をお届けします。 制服や交通費など、小学校とは違う費用がかかる中学校への入学 小学校に続き、こちらも公立中学校の入学時に掛かるお金の例をご紹介いたします。小学校との一番の違いは「制服」です。平成26年度に...

もうすぐ4月。新学期が始まります。お子様の進学先が決まりホッとしたのも束の間、4月からの準備に向けて大忙しなご家庭もではないでしょうか。進学先が決まったということは、教育費の見通しが立ったということ。今回は「入学時にかかる費用」についてご紹介します。 公立と私立...

教育資金はお子さん一人あたり約1000万円以上かかると言われているため、子どもが小さいうちから計画的に準備をしていきたいところです。教育資金の貯め方を考える~いつまでにいくら?でも一般的な方法を書きましたが、計画的に準備するにはやっぱり「積立」が一番。教育資金を積立てるため...

教育資金は大きな出費。でも望む教育を受けさせたいと考えるのは親として当然のことです。今回は、教育資金の平均額を確認し、パターンに応じた実際の貯め方などを含めご紹介します。 教育資金はどれくらい?いくら必要?平均を確認しよう。 ◆教育費の総額(出典:文部科学省「2014年子供の...

家計管理といえば、家計簿を付けたり、現金を袋分けにしたり、その家ごとにさまざまなやり方があります。その家計管理ですが、定期的に見直しをすることで、大きな支出の削減につながることがあります。今回は家計の見直しの目的やタイミングについてのポイントをご紹介します。 なぜ家計の...

結婚をすると、独身時代とは異なり、夫婦二人の人生を考えたお金のやりくりが必要になるものです。今回は結婚直後の夫婦が、上手に家計をやりくりできるコツについてご紹介します。 家計簿をつけて家計を見える化してみましょう 夫婦で上手にお金をやりくりするには、まず現状把握から。...

住宅ローンを組んで家を購入すると、組み方によってはその後の家計に大きな負担になる可能性があります。では、住宅ローンが負担にならないために最適な住宅ローンはどれくらいと考えれば良いのでしょうか?今回は住宅ローンを借入れする際のポイントと一緒に、考えていきたいと思います。...

人生の三大資金の一つである教育費。金額の大きさ故に、早くから準備する必要があります。今回は、教育費の総額を把握し、具体的な備え方についてご紹介します。 教育費の総額はどれくらいか 子どもを育てていく上で必要となる教育費。一体いくら位かかるのでしょうか。まずは全体像...

杉山夏子プロのその他のコンテンツ

Share

杉山夏子プロのその他のコンテンツ