まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
杉山夏子

お金の安心・安全を守るファイナンシャルスタイリスト

杉山夏子(すぎやまなつこ)

マネー・スタイリスト株式会社

コラム

4月から新学期。入学時に掛かる教育費--幼稚園・小学校編

家計の見直し

2016年3月22日 / 2018年4月17日更新

もうすぐ4月。新学期が始まります。
お子様の進学先が決まりホッとしたのも束の間、4月からの準備に向けて大忙しなご家庭もではないでしょうか。
進学先が決まったということは、教育費の見通しが立ったということ。
今回は「入学時にかかる費用」についてご紹介します。




公立と私立では大違い!幼稚園の入園料


公立と私立で、一番大きく異なるのは入園料です。
公立の場合は無料~1万円以内ですが、私立となると10万円前後掛かってきます。
幼稚園に関して言うと、公立は数が多くないため、私立に行かせるケースが多く、
入園料が負担になっているご家庭も多いのが現実です。
私立幼稚園の場合は「子供・子育て新支援制度」や「私立幼稚園等保護者補助金」により
補助金が給付されますので、事前に各自治体にお問い合わせください。
昨年から始まった「子供・子育て新支援制度」ですが、
この制度に移行している私立幼稚園と移行していない私立幼稚園があります。
新制度に移行した幼稚園の場合、利用額は、国が定める基準を上限に、
保護者の所得に応じて自治体が定めます。
また幼稚園や保育園、こども認定園などを兄弟姉妹で利用する場合は、
2人目が半額、3人目以降が無料となります。
新制度に移行しているかいないかは各幼稚園によって異なりますので、
各幼稚園にご確認下さい。
入園料以外にかかるのは、制服や学用品、体育着などの費用です。
約2万~5万円(平成24年度子供の学習費調査・文部科学省)掛かります。
直前に慌てないためにも、しっかりと備えておきましょう。

また、児童手当は中学卒業(15歳到達後最初の3月31日)まで
1万5千円か1万円支払われます。(所得の高い方は、5000円となります)
このお金も、しっかり貯めておけば、入学時に掛かる費用に補填することができます。

公立小学校でも入学時に掛かる費用はあなどれない!


公立の小学校の場合、入学金はありませんが、体操着、通学帽、お道具箱、上靴、文房具など、
ランドセルも含めると入学時に一般的に6~8万円くらいかかります。
さらに入学式の洋服の購入や、学習机もそろえるなどして、
10万円以上掛かるケースもあります。

「小学生のうちがお金の貯め時」と言われています。

子どものためと習い事をしすぎる、4年生になって突然学習塾費用の出費が重くなるなど、
計画を立てていないために家計が苦しくなる方がいらっしゃいます。
どのような教育を受けさせたいのか、どういう才能を伸ばしたいのかも新学期に備えて計画を立てましょう。

中学以降は次回ご案内いたします。

個別相談、セミナー講演依頼などは、お気軽にご連絡ください

資産形成、相続、確定拠出年金の運用方法等に関するご相談や、各種セミナーのご依頼なども受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

◆ 電話 : 050-3690-1448
◆ メール : メールフォーム

■ 過去に行ったセミナーテーマはプロフィールの「実績」に掲載しております。
  ┠ プロフィールの「実績」

☆☆毎月開催☆☆
NISAもイデコも基礎から理解!商品販売なしのFPセミナー
詳細はコチラ
------------------------------------
ファイナンシャルスタイリスト(R)
杉山 夏子
〒102-0084
東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901
https://fin-stylist.com/
-----

この記事を書いたプロ

杉山夏子

杉山夏子(すぎやまなつこ)

杉山夏子プロのその他のコンテンツ

Share

杉山夏子プロのその他のコンテンツ