マイベストプロ東京
山口剛平

任意売却のノウハウを熟知する住宅ローンの専門家

山口剛平(やまぐちこうへい)

株式会社クラフトレジデンス

お電話での
お問い合わせ
0120-109-506

コラム

任意売却▶ 「リースバック」や「親族間売買」の現実論

2019年4月12日 公開 / 2019年4月13日更新

テーマ:「悪質業者」から身を守ろう!

叶うのか??おとり広告なのか??


リースバック・親族間売買
昨日のセミナーでも、「リースバック」や「親族間売買」における話題は、特に注目を浴びた1つでした。

住宅ローンが払えなくなった場合、競売を回避し、「任意売却」を希望される方の中で、売却の相手を「投資家」や「親族」にする事で住み続ける事が出来るのか?

これらを改めて、数字を含め現実的にご説明します。

リースバック=投資家に売却


リースバック・投資家・1500万円
上記図のように、リースバックを希望し、投資家に購入してもらって家賃を支払い、住み続けるという場合に、投資家も利益が無いと購入はしてくれないので、目安として「表面利回り」を算出します。

「表面利回り」は、一般的に「10%前後」が目安となり、それ以下の数字では購入してくれないケースがほとんどです。

1,500万円の売却では、表面利回り10%の設定であれば、家賃は12万5,000円。
これに、2年に一度の更新料や、任意売却における残った住宅ローンの月々返済もある為、現実的には支払いが不可能という方が多いです。

仮に、表面利回り8%の設定でも良いと言ってくれる投資家が見つかっても、家賃は10万円。
更新料や残ローン支払いを考えると、毎月の負担は12万円を超えてきます。

これでは、近隣で7万円前後の賃貸に引越しをした方が、生活が楽になりますよね。

インターネット上で「リースバック可能!」という過大な広告が多いです。
しかし、いざ問合せをして話を聞いてみると、結局は上記と同じ話をされて、断念して売却の依頼をする事になる・・・裏を返せば、おとり広告にかかってしまっただけ、という事が多いのです。

物件価格が安ければ叶う可能性も!

リースバック・投資家・500万円
物件価格が500万円の売却の場合、表面利回り10%の設定であれば、家賃は4万2,000円。
これは、2年に一度の更新料や任意売却における残った住宅ローンの月々返済を含めても、支払いが出来る範囲である事が多い為、「リースバック」が実現出来ます。

但し、500万円の物件というと・・・実際には少ない事も現実です。

「親族間売買」に関して

親族間売買1500万円
親族間売買とは、上記図のような形です。
例えば、子供が1,500万円で購入するケース
親族間売買では住宅ローンを利用する事が不可能な為、不動産担保ローンを利用します。

1,500万円の融資=3.9%・360回=月々70,750円

当然、毎年の固定資産税は発生します。

このように、「リースバック」や「親族間売買」には、現実的な数字に当てはめると可否が判断出来ます。

より具体的なご質問は、下記弊社までお気軽にお問い合わせください。

任意売却Dr.

◆◆住宅ローン返済・滞納の総合相談センター『任意売却Dr.』◆◆
【一般の方】0120-109-506/AM9:00~PM6:00・土日祝対応
【法人の方】03-5288-7285/AM9:00~PM5:30・平日のみ
公式WEB『任意売却Dr.』Q&Aも充実!

この記事を書いたプロ

山口剛平

任意売却のノウハウを熟知する住宅ローンの専門家

山口剛平(株式会社クラフトレジデンス)

Share
関連するコラム

山口剛平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-109-506

 

<法人等・関係者の方>
03-5288-7285 までお問合せ下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山口剛平

株式会社クラフトレジデンス

担当山口剛平(やまぐちこうへい)

地図・アクセス

山口剛平のソーシャルメディア

instagram
Instagram
twitter
Twitter
2019-06-29
facebook
Facebook