まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
千賀敏美

幸せな人間関係の構築をサポートするコーチ

千賀敏美(ちがとしみ)

シンデレラ育成コーチ

コラム

人の批判や悪口を言いたくなる時ありますよね。聞く人はどう思うのでしょうか?

2018年5月17日

「人の批判や悪口は言わないほうがいい」と

頭でわかっていても、言いたくなる時ってありますよね。

気の許せる人になら、ちょっと愚痴りたくなるような・・・。



でも、聞かされる身になると結構きつい。



むしろ、「この人、こんなことで頭に来るんだ」とか、

「何回言っているの?どれだけ執念深いの?」と思ってしまう。



最初は合わせて「そうだよね」と言っていても、

時には、「相手はこんな人かもね?」

とジョークにしてみても・・・



限界がきて、

「私はそんな話聞きたくないよ!」になるかも。



変わらなければ、

周りの人は自然と離れていくでしょうね。









意外に本人は自分の言葉に気づいていないのです。



自分が生まれ育った環境の中で、

当たり前に使われていた言葉だったり、

思考の癖がそうなっているから。





まずは、自分の言葉に気づいてください。

言葉、それ以前の思考が

人生を創っていることに気づいてください。





自分が人間関係で損することになります。

自分が批判されるような現実を引き寄せます。





そして、聞かされる立場の人は、

無理に相手を変えようと思わないこと。



助言はしても、変わるかどうかは相手が決めること。

変わらなくても責める権利はない。



気づくタイミングが今ではないかもしれない。

全て、相手の課題なのだから・・・。


そして、もしかしたら自分も同じようなことをしていないか振り返ってみてください。

その人ほどではなくても、身に覚えがないですか?







本気で変わりたいと思うなら、

私のセッションを受けに来てください。

この記事を書いたプロ

千賀敏美

千賀敏美(ちがとしみ)

千賀敏美プロのその他のコンテンツ

Share

千賀敏美プロのその他のコンテンツ