マイベストプロ東京
福崎芳枝

演奏活動と歌の指導を行う声楽家

福崎芳枝(ふくざきよしえ)

Cantante Lirica株式会社

お電話での
お問い合わせ
070-4557-9339

福崎芳枝プロのご紹介

声楽家として、指導者として、声の美しさにこだわる(1/3)

演奏活動と歌の指導を行う声楽家 福崎芳枝さん

声の持ち味を生かすため、体づくりが大切

 声楽家の福崎芳枝さんは、声・ピアノ・体のレッスンスタジオ「Cantante Lirica(カンタンテ・リリカ)」を主宰しています。子どもから高齢者まで幅広い年齢層向けに、歌、ピアノ、リトミック等のレッスンが揃い、その中で福崎さんは歌・ヴォイストレーニング・表情筋トレーニング・呼吸法などを担当しています。

 歌、ヴォイストレーニングにおいて、福崎さんが重視するのは、その人が持つ声の持ち味を生かすことです。いい声を出すためには、「正しい姿勢」が重要として、歌うための体づくりにも重点を置きます。

「レッスンでは、まず姿勢からチェックします。しかし、背筋をまっすぐにして、顎を引いて立つという“正しい姿勢”ができていない人も多いです。首が前に突き出すような姿勢ではのどが閉まって、声が出にくくなります。肩が丸まったり、反りすぎても、体の軸がブレて声の通りが悪くなってしまいます。こうした悪い姿勢では、叫ぶような歌い方になりがちで、のどにも負担が。正しい姿勢を保つには腹筋や背筋など必要なので、レッスンには筋力トレーニングも取り入れています」

 歌のレッスンに来たのに、筋トレ? と戸惑う生徒さんも少なくないそうですが、「筋肉がついて体が変わっていくと、これまでと違う声になることにびっくりする人もいます。階段がラクに上れるようになったり、骨密度がアップするなど、元気になる人も多いですね」と福崎さん。

 生徒さんからの希望もあり、体づくりに特化したレッスン『声のための基礎身体トレーニング』も開設。現代舞踊の第一人者の金井芙三枝さんが指導しています。

 レッスンのもう一つの特色は、『表情筋トレーニング』です。
「声を美しく響かせ、正しく発音するには、口腔内の“共鳴腔”を広げたい。そのためには、顔の表情筋を使うこと大事ですが、日本語は、表情筋をあまり使わない言語。レッスンには、イタリア語母音の発声を取り入れています。最初は、頬がつる、顔が痛くなるという人もいますが、口角が上がって、黙っていても、『何、笑っているの?』と言われるようになったという生徒さんもいます」
 また、横隔膜を開く呼吸法の基礎講座も開催しています。

 福崎さんのレッスンには、歌を楽しみたいという人から音大生、プロで活躍する人まで、さまざまな人が集まります。

Share

福崎芳枝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-4557-9339

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福崎芳枝

Cantante Lirica株式会社

担当福崎芳枝(ふくざきよしえ)

地図・アクセス

福崎芳枝プロのコンテンツ