マイベストプロ東京
  1. 話し方に自信が持てない方へ 〜ボイストレーニングで自分本来の声を見つけませんか?〜
福崎芳枝

演奏活動と歌の指導を行う声楽家

福崎芳枝(ふくざきよしえ)

Cantante Lirica株式会社

お電話での
お問い合わせ
070-4557-9339

コラム

話し方に自信が持てない方へ 〜ボイストレーニングで自分本来の声を見つけませんか?〜

2019年10月10日

テーマ:声楽・ボイストレーニング

接客業や学校の先生など、日常的にたくさんの人の前で話している方。
職場でプレゼンや発表、スピーチの機会がある方。
話し方についてこんな悩みを持っていませんか?

・声が小さい
・滑舌が悪く聞き取りにくい
・大きい声を出そうとして怒鳴ってしまう
・声が枯れたり、喉が痛くなる

「自分は生まれつきこういう声だから」
「大声でたくさん話したら、喉が痛くなるのは当たり前」
そんなふうに諦めてしまってはいないでしょうか。

実はこれらの問題はすべて、発声法のトレーニングで改善できます。

声が小さい
→声を響かせる場所が適切でないために起こっています。
声を口から出すのではなく、頭蓋骨に響かせることで
よく聞こえる声を楽に出すことができるようになります。

滑舌が悪く聞き取りにくい
→発音するときに表情筋がうまく使えていないせいです。
顔全体の筋肉を活用するトレーニングを行えば、
声はもちろん、表情も明るく若々しいものになります。

怒鳴ってしまう
→怒鳴り声や叫ぶような声は、声量があるように思えますが
実は遠くまで届きにくく、効率の悪い声です。
響かせる場所を変えることで、大勢の人の前でもよく通る、
しかも耳に心地よい声を出せるようになります。

声が枯れたり、喉が痛くなる
→適切な姿勢で体をきちんと使えていれば、
声帯に負担がかからないので
大きな声で長時間話しても喉を痛めることはありません。

適切な発声で話すことには様々なメリットがありますが、
トレーニングなしで最初からできる人は滅多にいません。
逆に言えば、正しいトレーニングを積むことで
誰でもリラックスした美しい声で話すことができるようになります。

それは変に作った声や、無理に絞り出した声ではなく、
その人特有の声帯と体をのびのびと解放した唯一無二の声です。

姿勢が悪く体が使えていない人、
余計な力みがあるために声が出づらくなっている人、
表情筋が乏しいために適切な発音ができない人など、
人によってさまざまな発声の癖があるので、
私たちのレッスンではまず生徒さんの体の癖を見極め、
それを改善するための方法を丁寧に指導していきます。

まずは一度レッスンを受けてみて、
自分の発声にどんな癖があるのか確かめてみませんか?

スタジオでの対面レッスンのほか、
手軽にご自宅でも受講できる
オンラインレッスンもご用意しています。

少しでも興味をもたれた方、
どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事を書いたプロ

福崎芳枝

演奏活動と歌の指導を行う声楽家

福崎芳枝(Cantante Lirica株式会社)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

福崎芳枝プロのコンテンツ