まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
川九健一郎

人と組織を「体験」を通して成長させるコンサルタント

川九健一郎(かわくけんいちろう)

株式会社ビジネス・サクセスストーリー

川九健一郎プロのご紹介

人が生き生きと働ける環境と仕組みを「体験」からデザインする(1/3)

株式会社ビジネス・サクセスストーリー 代表取締役社長 川九健一郎さん

思いが伝わる制度を動かすのは、人や組織の「熱」

 学生時代から、組織と人の関係に深い関心を持っていたという、株式会社ビジネス・サクセスストーリー代表取締役社長の川九健一郎さん。卒業後は、人事・組織の分野で活躍したいと考えていましたが、「まずは実務をこなしてから」という恩師の助言に従い、メーカーに就職。営業や新規開拓部門の立ち上げ等を経験した後、コンサルティング会社に転職しました。

 転職先では、かねてから希望していた人事制度の設計に携わり充実した日々を送る一方、仕事の中で距離感を覚えることもあったと言います。「クライアント先でも、社員の皆さんは笑顔で迎えてはくれるものの、どこか本音は話していない雰囲気がありました。コンサルタントに対して一歩距離を置くのは、当然かもしれませんが。そして同じような距離感は、経営者と従業員の間にも多々あるとも感じていました。経営者の思いがうまく伝わっていない現場では、たとえば従業員はネットで調べた部分的な情報だけで、『うちの会社はおかしい!』と思い込んでいます。しかし不満を直接訴えることはできず、悶々としているのです」

 経営者の真剣な思いがストレートに伝われば、従業員との距離は縮まり、今まで以上の信頼関係が産まれます。そして、思いを反映した企業独自の制度を構築して適切に運用すれば、働く人がそれぞれの力を発揮でき、会社の業績も向上します。そんな仕組みを動かすには、組織の中に「熱」が必要だと川九さんは考えます。特に、実体験が希薄な若い世代を育成するためには、未知の文化や人とのつながりを認識できる「体験学習」が有効だと言います。

川九健一郎プロのその他のコンテンツ

Share

川九健一郎プロのその他のコンテンツ