まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
影山頼央

真剣な婚活を支援。門前払いをしない結婚コンサルタント

影山頼央(かげやまよりひさ)

結婚相談NPO ブライダルサポーター

影山頼央プロのご紹介

収入、年齢に関わらず、真剣に結婚したい人を支援する結婚相談NPO(1/3)

中立の立場で誠実な婚活を支援する結婚相談NPO ブライダルサポーターの代表、影山頼央(かげやまよりひさ)さん

費用の負担が少なく、中立な立場のNPOで誠実な婚活をサポート

 「門前払いをしない結婚相談所」をモットーとするブライダルサポーター。結婚相談NPOが運営する結婚相談所です。立ち上げたのは代表の影山頼央(かげやまよりひさ)さん。きっかけは友人の婚活でした。「男性の友人が何人も結婚相談所に入会を断られたんです。全員が40歳前後で正社員、年収も標準。疑問に思い、調べてみました」

 その結果、成婚率を重視するあまり確実に成婚できそうな人以外の入会が難しくなっていることを知った影山さん。「真剣に結婚を考える誠実な人が条件で判断されて結婚できないのはおかしい。収入や年齢に関わらず婚活できる結婚相談所をつくろう」と考えたそうです。

 収入が低い人も入会できるよう、費用の負担をできるだけ小さくしたいと試行錯誤した結果、事業型NPOとして活動することを決意。「NPOにすることで、自治体と組んだ活動ができ、さらに広告費を抑えることもできます。少子高齢化問題にも意見しやすくなりました」

 また、誠実で真剣な婚活のためには、信頼できるプロフィールが大切です。そのため、ブライダルサポーターでは、独身証明書をはじめ提出書類はしっかり確認します。「業界的に最近は提出書類を省略する傾向にありますが、それが後々トラブルの原因となるのです。ブライダルサポーターは提出書類が多いと言われますが、提出書類をきちんと出すことで、その方の結婚に対する誠実さ、真剣度がわかります」。こうした取り組みが、自然と誠実な方々が集まる結婚相談所となっているのです。

影山頼央プロのその他のコンテンツ

Share

影山頼央のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-23
facebook
Facebook
google-plus
Google+

影山頼央プロのその他のコンテンツ