まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
影山頼央

真剣な婚活を支援。門前払いをしない結婚コンサルタント

影山頼央(かげやまよりひさ)

結婚相談NPO ブライダルサポーター

コラム

婚活プロフィールの責任は自分に有る

婚活のヒント

2015年2月18日


結婚相談NPOの影山です。
理事長業務の都合でご無沙汰してしまいました。
今日は信じられないと思いますが、たまにある話しをさせていただきます。

どの婚活でもプロフィールを提示しないといけませんよね?(提示しないのは婚活では無くコンパ‥結婚に結びつかない遊びです。)
結婚相談所は提出書類によってその信頼度を高める訳ですが、たまにプロフィールの改竄アドバイスをする仲人の話しを聞きます。
毎回、私はご入会いただく際にお伝えする事にしていますが、ご本人同士で確認していただかないといけない部分が多少なりとも有るという事です。

仲人によるプロフィールの改竄

これは本来有ってはならない事ですが、仲人によるプロフィールの改竄話は実際に有ります。悪質なものでは将来の小姑の存在をプロフィール上の家族構成からあえて消させたり、最近では親の介護についてご本人の意思に反して不要と書かせた例を耳にしました。
「介護の事なんか書いたら相手にされないから」だそうです。
このアドバイスは女性心理を分かっているようで、結婚というものを全く分かっていません。

幸いな事にプロフィール作成は活動の初期段階なので、プロフィールの改竄話を持ち出す仲人に遭遇してしまったら、クーリングオフをするべきです。
トラブルを起こす仲人の相談所では成婚確率がガクンと下がります。

表に出たプロフィールの責任は本人に有る

実際には仲人にも責任は有るのですが、見出しではあえて言い切らせていただきました。
直接影響を受けるのはご本人だからです。
大人しい会員さんは仲人の言うなり、「あぁ、こういう世界なんだな‥」とプロフィールの改竄を受け容れてしまうようですが、そんな世界ではございません。
結婚におけるプロフィールは取り繕う事は出来ても改竄は出来ません。
最終的には明かさないといけないのです。
上記の例では交際中に「仲人がそう書いたんだから俺は知らない!」とご本人が主張したらしいです。
私より年上の方ですが、そんな小学生みたいな言い訳が通用する世界だと思わないよう、皆様はご注意いただければと思います。
責任は本人に有ると考える位がちょうど良いでしょう。
◆ブライダルサポーター公式サイト

◆結婚相談NPOのスタッフブログ

◆結婚相談NPOのFacebookページ

◆結婚相談NPOのGoogle+ページ

◆結婚相談NPOのTwitterページ

この記事を書いたプロ

影山頼央

影山頼央(かげやまよりひさ)

影山頼央プロのその他のコンテンツ

Share

影山頼央プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-3526-5105

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

影山頼央

結婚相談NPO ブライダルサポーター

担当影山頼央(かげやまよりひさ)

地図・アクセス

影山頼央のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-08-17
facebook
facebook
google-plus
google-plus

影山頼央プロのその他のコンテンツ