まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
吉村規子

小学生の潜在能力を引き出すこども脳教育トレーナー

吉村規子(よしむらのりこ)

ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室

コラム

【子育ての悩み】ゲーム、スマホとの付き合い方

子育ての悩み

2018年5月25日

こんにちは。
ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室です。


 先日、講師の勉強会でゲームが子どもの脳に与える影響に関する映像を見ました。小学低学年〜ゲームを1日1時間以上×毎日していたら、どうなるか?数年は変化が見られませんが、小6・中1位になったときに「考える力」がガクンと下がっているのです(日本、米国、韓国ともに)。中学位からは抽象的な思考に移行していく年代。考える能力が発達していない若者が増えていくのは、正直恐いな・・・と思いました。


 さて、今の時代はゲームよりスマホが問題になっています。これは、子どもだけでなく大人にも関係あります。東北大学の川島隆太教授の研究によると、わからない言葉を辞書で調べたときは前頭前野が活動するけれど、スマホで調べると前頭前野はほぼ活動していないことがわかったそうです。前頭前野は、もっとも人間らしい活動〜思考や創造などの最高中枢です。便利便利とスマホでばかり検索する今日この頃を振り返り、ゾッとしました。

*引用*
スマホが脳の発達に与える無視できない影響
https://toyokeizai.net/articles/-/220685


 もう一つ、育児中の親御さんに知ってほしいスマホ関連の記事を見つけましたので、こちらもご紹介します。

「今から15年くらい前・・・携帯電話(ガラケー)が世の中に広まってきた頃からだと思います。入園してくる子供の様子が少しずつ変わってきました。コミュニケーションをとるのが苦手だったり、発達のアンバランスがある子が増えてきました。

今、スマホの時代・・・保育現場はますます凄いことになってきています。
保育士がクラスでいろいろな活動をしようとしても、理解力がなく一緒に行動できない子が増え、保育園では深刻な問題になっています。」

*引用*
子育て中のスマホは悪影響か?赤ちゃんとのスキンシップで脳の発達を促そう
https://latte.la/column/27664037


 ときどき、ベビーカーにのった子がスマホを操作している姿を見てギョッとすることがありますが、若いお母さんお父さん達はスマホの影響を知らないのでしょうか。スマホが脳の発達の害になることを伝えても、古くさいお説教に聞こえるだけかもしれませんが。。恐ろしい早さで発達していく機械と違って、人間の肉体や脳はそのように進化はできないのです。日々刷新される新しい機械とどのように付き合っていくか、家族で話し合うことも必要ですね。




 ところで、ゲームへの依存傾向が強く脳の発達に問題がある子が確実に増えている一方で、ゲーム脳なんて嘘だと主張する人もいます。実際、ゲームを結構やっているけど頭の良い子もいます。そこが気になります。この差がどこから来るのか、ゲームやスマホを扱っているにも関わらず頭の良い子・しっかりした子の調査もぜひしてほしいなと思います。
 経験値的な見方では・・・頭の良い子はゲームに食われていない。時間を決めてゲームから離れることが出来るし、自分で計画したとおりに勉強もする子だよね・・・という話になったのですが。そうなるには、親子関係や家庭環境、幼いときの教育の影響、何歳からゲームやスマホを始めているのか?も知りたいところです。
 

。・。・。関連記事・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
◆子どものスマホ・ゲーム / その影響について
http://mbp-tokyo.com/brainup-machidakodomo/column/61711/

◆ゲームが子どもの脳に与える影響、ダメージを知ってください
http://mbp-tokyo.com/brainup-machidakodomo/column/54523/

この記事を書いたプロ

吉村規子

吉村規子(よしむらのりこ)

吉村規子プロのその他のコンテンツ

Share

吉村規子プロのその他のコンテンツ