まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
吉村規子

小学生の潜在能力を引き出すこども脳教育トレーナー

吉村規子(よしむらのりこ)

ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室

コラム

受験生のパフォーマンスを上げるための脳教育(1)

こんにちは。ブレインアップまちだこども教室です。

時間は常に一定速度で流れているのに、12月は何か焦りますね。大掃除しなくちゃ、年賀状書かなくちゃ、クリスマスディナーはどうしよ?など。
受験生の皆さんも、最終的に志望校を絞り込んで願書を出す時期ですね。


まちだこども教室にも、受験生が通っています。その受験生の子の顔が~11月末あたりから少し重圧がかかった表情になってきました。どよんとした重たい気持ちが伝わってきます。そこで、教室では「ワクワク」する時間を創ろう!と思い、10分間の「夢読書タイムを」設けました。自分がワクワクする本を持ってきて、今日の「目的」に沿って10分間で読んで、B5の紙にまとめる。

その子が選んだのは、「パリのカフェごはん」という本でした。食べることと旅に興味がある子です。





先週は、「自分の脳ちゃんが反応すること」を拾い出してみました。
・ソースの効果~アボガドソースのパンが美味しそう!
・内装、壁に掛かっている絵もおしゃれ
・美大卒の人が経営しているカフェ
・お店の名前にもいろんな由来がある
・パン~歴史を感じる
発表するときは、パリに行ってきたかのような夢心地の顔。やっぱり、脳が柔らかいなあ。

今週も続けて同じ本を10分夢読書。テーマは、「ソース」について。
発見したことは、大概ビネガーとオイルが入っていること。
特に美味しそうに思ったのは、・トマトソース ・バジルのソース ・ハチミツのソースで、それらがどんな料理に合うかやポイントもまとめていました。たった10分ですが、好きなことはスーッと情報が入ってくる。脳のスイッチがオンになり、必要なことをパパッとまとめられる。自分の脳への自信にもつながるでしょう。


受験生のお子さんをお持ちの方は、たった5分10分でいいからその子のハートが開いてワクワクする時間を創ってあげられたらいいですね。親が重圧を更にかけるようなことは、避けましょう。

それと、休憩時間には体も動かす!コレ、大切です。ゲームとかラインを気晴らしにしてたら、脳は休まりません。 脳を良く働かせたいなら、体から!です。 受験生の皆さんが、一番苦しい時を乗り超えるよう祈ってます。

明日も、受験生のモチベーションの上げ方について書きたいと思います。


。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・ 。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【冬休み特別】絶対変わりたい!親子のためのトレーニング・セットキャンペーン
http://mbp-tokyo.com/brainup-machidakodomo/seminar/

この記事を書いたプロ

吉村規子

吉村規子(よしむらのりこ)

吉村規子プロのその他のコンテンツ

Share

吉村規子プロのその他のコンテンツ