まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
吉村規子

小学生の潜在能力を引き出すこども脳教育トレーナー

吉村規子(よしむらのりこ)

ILCHI Brain Up こども脳教育 奥沢教室

コラム

ブレインアップトレーニング3段階「脳の浄化」

こども脳教育

2015年8月21日 / 2015年8月26日更新

ブレインアップトレーニングの第3段階は「脳の浄化」です。

部屋が散らかって要らないものがが溜まったら、どうしてますか?
部屋を掃除してゴミも捨てますよね?

では、脳に溜まった嫌な記憶や情報、感情はどうしていますか?
そのまま放置してませんか?

脳の情報を掃除したり整理したりするなんて、考えたこともないでしょう?
ーできるんですよ。

子どもたちの脳は、まだ未熟です。バカ、ムリ、できない、あっち行けよ、そんな根拠のない周囲の言動にも縛られ身動きできなくなります。そして、自分が苦しんでいることを表現できればよいのですが、そんな子は滅多にいません。

子どもがイライラしている、何か苦しそう、そんな時におすすめしたいのが、新聞紙を思いっきり破くことです。

力の有り余っている子たちだったら、大人が新聞紙を広げて持ち、子どもにチョツプやケリこませてあげましょう。

この時、ヤー!エイッ!と大きな声を出させると胸の詰まりが解けてきて、ゴミの情報から脳が自由になっていきます。

クタクタになるまでさせると、すっきりして顔の表情が明るくなります。

この記事を書いたプロ

吉村規子

吉村規子(よしむらのりこ)

吉村規子プロのその他のコンテンツ

Share

吉村規子プロのその他のコンテンツ