マイベストプロ東京
市瀬晶子

丁寧な工程で上質な帽子を作る帽子デザイナー・職人

市瀬晶子(いちのせあきこ) / 帽子デザイナー

アトリエアキコ有限会社

コラム

【帽子豆知識】トリミングの話

2019年7月17日

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: ブーケ 造花

皆様、こんにちは。
今日は帽子のトリミングについて少し書いてみたいと思います。

帽子には大抵なにかしらの飾りがついているものです。
帽子の飾りのことを「トリミング」と呼びます。
巻いてあるリボン、造花の飾り、ワンポイントのくるみボタンなど・・・、これらはすべてトリミングです。

ブレードのキャペリーヌ(トリミングはリボンとハットピン)

ブンタルのクロッシェ(トリミングは同じ素材で作った造花)

ローンレースのクロッシェ(トリミングは共生地のくるみボタン)


婦人用・紳士用でトリミングの位置が違うこと、ご存知でしょうか?
女性なら右、男性なら左なのです。
アトリエでも基本的にはそのようにトリミングを付けています。

シゾールと麻ブレードのクロッシェ造花付(婦人物)

Mixパナマ ハット(紳士物)

女性の場合は造花などの華やかなトリミングが付きますよね。
右目の上くらいの位置にトリミングが来るとお顔全体も華やかになり、魅力的です。

麦のキャノチェ


近頃はユニセックスの帽子も多く販売されており、婦人物でも左側にトリミングがついていることもあります。
しかし、本来はこうした決まりもあるのです。少しフォーマルな席などでは気を付けたいですね。

この記事を書いたプロ

市瀬晶子

丁寧な工程で上質な帽子を作る帽子デザイナー・職人

市瀬晶子(アトリエアキコ有限会社)

Share

市瀬晶子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3368-6225

 

※オーダーご希望の方は、お電話でご予約の上、お越しください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

市瀬晶子

アトリエアキコ有限会社

担当市瀬晶子(いちのせあきこ)

地図・アクセス

市瀬晶子プロのコンテンツ