まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
田中康志

経営・事業を支援する広報・マーケティングアドバイザー

田中康志(たなかやすし)

アサインポスト

お電話での
お問い合わせ
080-3555-3768

田中康志プロのご紹介

社内にインターナルコミュニケーション(社内広報)の視点を取り入れ、経営・事業に活かしましょう!(1/3)

アサインポスト代表 田中康志さん

広報は社外に向けた情報発信だけではない。広報活動の本当の役割とは?

 「社員のモチベーションを高めたい」「会社の求心力を高めたい」「ブランディングしたい」多くの企業が抱えるこうした悩みに対し、「社内広報」を活用するというめずらしいコンサルティングを行っている方がいます。アサインポスト代表の田中康志さんです。
 経営や事業に関わる問題解決に取り組むとき、特別な手法が必要だと多くの人が考えます。ですが「良い会社だと認めてもらうことができれば成功」だと田中さんは言います。
「家族や友人に自分が勤めている会社を褒めてもらえると、会社が好きになり、頑張ろうと思えますよね。そう思われることで、ブランディングもできるのです。つまり、インターナルコミュニケーション(社員やその家族とのコミュニケーション)の視点に立ち、伝えたいものをどう伝えるかを一番大切にした広報活動を行えば、社員のモチベーションアップや企業理念の浸透、離職の防止につなげることができます。これは広報活動の重要な役割でもあるのです」

 戦略を考えるとき、田中さんが大切にしているのは「企業の本質」です。
「おもしろいもの、他でやっていないものを探してプランをつくっても、企業の本質が抜けてしまえばうわべの策になってしまい良い結果は期待できません。本質があらわれる企業理念を見つめ直し、会社や事業の魅力を再確認します。伝えるべきものが見えてくるので、意図する結果を引き寄せられます」
 時に、メディア活用が社内外に良い影響をもたらすと判断すれば、蓄積してきたノウハウをフル活用し、ニュースリリースの作成やメディアアプローチの仕方もアドバイスしてくれます。

田中康志プロのその他のコンテンツ

Share

田中康志プロのその他のコンテンツ