マイベストプロ東京
元井麻子

片付け、介護、相続、葬儀のアドバイスを行う生前整理診断士

元井麻子(もといあさこ) / 生前整理診断士

あさこさん

元井麻子プロのご紹介

「生前整理」とは、これからの人生をよりよく生きるための「生き活」(1/3)

元井麻子 もといあさこ

片付け、介護、相続、葬儀に関するさまざまな悩みに寄り添い仲間と一緒に対応

 「生前整理とは、最後の1秒まで自分らしく生き切る事が出来るよう物・心・情報の整理することです。これからの人生をより良く生きることです」

 こう話すのは、生前整理診断士の元井麻子さん。片付けのノウハウのほか、介護や相続、葬儀に関する知識を持つ「生前整理」のスペシャリストです。高齢化社会の訪れとともに関心が高まる生前整理について、元井さんは「終活」というよりも、これからどう生きていくかを考えるための人生の棚卸し」と続けます。

 「生前整理というと、人生の終わりに向かう老い支度というネガティブな印象を持つ方も多いかもしれません。そうではなくて、物・心・情報の整理をして過去・現在・未来をプランニングして、その後の人生と向き合う前向きな行為と捉えてみてください」

 元井さんは一人一人に寄り添い、片付けや介護、相続、葬儀へのアドバイスを行います。「自分の葬儀をこんな風にしたい」「自分に合った介護施設を探したい」という相談者には一緒に検討することもあるそうです。

 また、片付けは「いる」「いらない」「迷い」「移動」の4つに分類。使わない物は友人や家族に譲るだけでなく、リサイクルセンターや福祉施設、発展途上国への寄付という形で利活用することを勧めます。

 「今は使っていない衣類や食器でも、その人にとっては思い出の品。『捨てる』という決断が難しい場合もあります。そんな時は、身近な人や施設などに『譲る』ことを提案しています。再び誰かの役に立つので、手放しやすくなるはずです」

Share