まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
青山陽子

ジュエリーのリフォーム・リペア・オーダーメイドの専門家

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

コラム

指輪の「変形」にご注意を!

ジュエリー雑学

2012年1月31日 / 2014年7月31日更新



店でお承りする修理の中で、意外と多いものがリングの「整形」です。
文字通り、楕円になったりして歪んだリングの形を整える加工です。


実は、普段生活していると、知らず知らずに手の平に力が加わることがあります。
それが原因となって、リングが歪んでしまうのです。
形の歪みだけならまだいいのですが、爪がずれてしまったり、留めている角度が
変わることにより、セッティングされている宝石まで取れてしまうこともあります。


ただ、かなりダメージが大きくなるまで、実はご本人は意外と気がつかないことが多いのです。

では、どんな時に力が加わるのが原因なのでしょうか?
例えば、下記のような場合が考えられます。


● 車や自転車の運転でハンドルを握る時
● ゴルフやテニスなど、棒状のものを握るスポーツをする時
● 庭仕事や日曜大工などで、大きなハサミやペンチを使う時
● スーツケースや書類の入ったカバンなど、重い荷物を持つ時
● 拍手をする時

いずれの場合も、一瞬にして大きな力が加わるため、リングの地金などは
すぐに形が変わってしまいます。

以前、パールのリングをお納めしたお客様から、一度しか使っていないのに
リングの形がゆがんでしまった!と驚いてご連絡を頂いたことがあります。
普通の使い方では、そんなに簡単に歪むことはないのに・・・と思いながら
お話を伺ってみると、使用したのは知り合いのご結婚式。左手にダイヤモンドリング、
右手の同じ指にパールリングをはめて、何度となく拍手をなさったということは・・・
そうです。まさに知らず知らずのうちに、左手右手の指輪同士がぶつかり合って
見事に変形してしまったというわけです。

拍手などは、ついつい夢中でしてしまう行為ですね。
指輪同士がぶつからないように、手のひらをずらして、優しく手をたたくなどの
心遣いが必要ですね。

また、重い荷物を持つ時や、スポーツをするときなどは、
かなりの負荷がかかることが予想されますので、出来ればお外しになった方が
よろしいですが、普段外す習慣のないご結婚指輪などは、特に細めで変形しやすいので
注意が必要だと思います。


※当店では、オーダージュエリー・ジュエリーリモデル・
修理・メンテナンス・ご不要貴金属のお下取りをお承りしております
ご相談は、メールやお電話にてどうぞお気軽にお尋ねくださいませ。
(店頭でのご相談はご予約制とさせていただきますのでご了承くださいませ)

============================================
青山宝飾 / 青山 陽子 
G.I.A.(米国宝石学会)G.G.
JJA(日本ジュエリー協会)JC
ジュエリー・リモデル・カウンセラー
ジュエリーデザイナー

店舗HP http://www.aoyama21.co.jp
代表Mail info@aoyama21.co.jp
東京都港区東麻布2-18-5 TEL 03-3583-2797
営業時間 月~金 10:30~18:30 土10:30~17:00
定休日  日曜・祝日
============================================




この記事を書いたプロ

青山陽子

青山陽子(あおやまようこ)

青山陽子プロのその他のコンテンツ

Share

青山陽子プロのその他のコンテンツ