まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
青山陽子

ジュエリーのリフォーム・リペア・オーダーメイドの専門家

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

コラム

12月の誕生石「トルコ石」

宝石にまつわるお話

2011年12月1日 / 2014年7月31日更新



港区東麻布「青山宝飾」の青山陽子です。

いよいよ今日から12月ですね。
月並みな言い方ですが、本当に早いものですね。

さて、月が変わった今日は、12月の誕生石「トルコ石」についてお話したいと思います。

トルコ石(ターコイス Turquoise)は、紀元前3000年ごろから用いられてきた宝石です。
鮮やかな青色が特徴で、その色も「ターコイスブルー」呼ばれて人気のカラーですね。

紺青色から緑青色までの様々な色調があり、産地によってその特徴があります。
この色合いの違いは、中に含まれる銅と鉄の作用によるもので、銅が多いものは
より青に、鉄が多いものはより緑に近い色になります。

鮮やかな色のトーンですが、非常に繊細で色あせしやすいので、
現在では良質の物でも、色止めのためにアクリルをしみ込ませるなどの
処置を施した物も多く見られます。

トルコ石には、クリアな無地のものと、黒や褐色のすじが入ったものがあります。
どちらが高品質かは一概には言えないのですが、模様の入ったものも
そのバランスが良く、地の色が美しければ、無地のものと同等に評価されます。


以前のコラム『トルコ石ってトルコ産?』http://mbp-tokyo.com/aoyama21/column/6816/
でもお話しましたが、トルコ石という名前から、トルコが原産国のように思われがちです。
しかし実はトルコでは採取されません。この名前は、昔エジプトやイラン産の石が
トルコを経由してヨーロッパへ運ばれたことに由来しています。
現在は、イラン、アメリカ、エジプト、中国、メキシコなどで産出されています。


トルコ石は、昔から「魔よけ」として用いられてきました。
石言葉も「成功と繁栄・健やかな身体」。その色を眺めていても、本当に癒されますので、
身に着けるにはとてもお勧めの宝石だと思います。


※当店では、店頭にて国内外のセレクトジュエリー、オリジナルジュエリーのご案内の他、
オーダージュエリー・ジュエリーリモデル・ご不要ジュエリーのお買い取り・修理・
メンテナンスをお承りしております。
ご相談は、メールやお電話にてどうぞお気軽にお尋ねくださいませ。
(店頭でのご相談はご予約制とさせていただきますのでご了承くださいませ)

============================================
青山宝飾 / 青山 陽子 
G.I.A.(米国宝石学会)G.G.
JJA(日本ジュエリー協会)JC
ジュエリー・リモデル・カウンセラー
ジュエリーデザイナー

店舗HP http://www.aoyama21.co.jp
代表Mail info@aoyama21.co.jp
東京都港区東麻布2-18-5 TEL 03-3583-2797
営業時間 月~金 10:30~18:30 土10:30~17:00
定休日  日曜・祝日
============================================

この記事を書いたプロ

青山陽子

青山陽子(あおやまようこ)

青山陽子プロのその他のコンテンツ

Share

青山陽子プロのその他のコンテンツ