まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
青山陽子

ジュエリーのリフォーム・リペア・オーダーメイドの専門家

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

コラム

秋色ジュエリー、アンバー(琥珀)の魅力

宝石にまつわるお話

2011年9月13日 / 2014年7月31日更新


秋色のジュエリーと言えば、思い浮かぶのはアンバーのジュエリー。
和名で琥珀(こはく)と言った方がなじみがあるかも知れません。

以前は割とご年配の方向けのジュエリーのイメージがありましたが
最近はデザインや色も豊富になり、とても洗練された大人のジュエリーとして
注目されています。とても軽いので、「ジュエリーを着けると肩がこってしまう」
という方でも楽しめるのも魅力だと思います。


では、琥珀とは一体どんなものなのか、ご存知ですか?
琥珀は石ではなく、約4千5百万円前の森林で育った松の「樹脂」が、
化石化して出来たものです。

現在、世界の産出量の3分の2がバルト海から産出されています。
(当店ではバルト海沿岸に位置するリトアニアの琥珀工房で作られた
ジュエリーを取り扱っております)

琥珀というと茶色のイメージがあると思いますが、
実は様々な色があります。黄色、赤、緑、紫、黒などもとても素敵な色です。


そして中には化石化する前に内部に取り込まれた昆虫や苔、木の葉などが
みられることがあります。


琥珀の逸話を少しお話しましょう。

古代ペルシャでは、国王は天から落ちてきた琥珀を身に着けて
国王に不死身の力を与えていると伝えられてきたそうです。
また、内部に虫を閉じ込めたり、摩擦によって帯電することなどから
魔術的にも力があると信じられていたのだと思います。

また琥珀は燃やすととても良い香りがします。
ロシアの貴族たちはこれを暖炉で燃やして、芳香剤の代わりにしたそうです。



落ち着いた、なんとも言えない飴色の艶感。
その石言葉の「抱擁」という言葉の通り、大人の女性の秋の装いを包み込む
アクセントとして、取り入れてみてはいかがでしょうか?


※当店では、オーダージュエリー・ジュエリーリモデル・ご不要ジュエリーのお買い取りの
ご相談をお電話・メールにてお承りしております。どうぞお気軽にお尋ねくださいませ。
(店頭でのご相談はご予約制とさせていただきますのでご了承くださいませ)

============================================
青山宝飾 / 青山 陽子 
G.I.A.(米国宝石学会)G.G.
JJA(日本ジュエリー協会)JC
ジュエリー・リモデル・カウンセラー
ジュエリーデザイナー

店舗HP http://www.aoyama21.co.jp
代表Mail info@aoyama21.co.jp
東京都港区東麻布2-18-5 TEL 03-3583-2797
営業時間 月~金 10:30~18:30 土10:30~17:00
定休日  日曜・祝日
============================================

この記事を書いたプロ

青山陽子

青山陽子(あおやまようこ)

青山陽子プロのその他のコンテンツ

Share

青山陽子プロのその他のコンテンツ