まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
青山陽子

ジュエリーのリフォーム・リペア・オーダーメイドの専門家

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

コラム

大切なジュエリーを失くしたら・・・

ジュエリー雑学

2011年7月9日 / 2014年7月31日更新



大切にしていたジュエリーを失くしてしまったことはありますか?

いつの間にか落としてしまっていたり、外出先で置き忘れたり・・・
あれっ、無い!と気が付いた時の、なんともいえない焦りと後悔と悲しさが入り混じった気持ちは
出来れば味わいたくないものですよね。

大切なジュエリーを失くしてしまった時、そう簡単にあきらめられるものではありませんね。
ショックを何日も引きずり、立ち直れない、という事もあると思います。
見つける努力はもちろんしますが、それでも出てこないことも多々ある・・・
そんな時、私は自分の気持ちを鎮めるための考え方には3つあると思っています。
今日はそれについてお話したいと思います。


第一の考え方は、大切なジュエリーであればある程、そのジュエリーが自分に降りかかる災いの
身代りになったということ。つまり厄除け的な意味合いです。
失くさなければ、何か嫌な事や災いがあったかどうかはもちろん分かりません。
ただ、大切なジュエリーは自分の「分身」と考えれば、近づいていることが大きな災いだったと仮定して
自分の身代りになり、受け止めて、消し去ってくれたのだと考えるのです。

第二の考え方は、何かのメッセージを自分に与えてくれているということ。
大きなショックを受けたことで、少し立ち止まってみると、
自分に対して、「少し不注意になっていない?」とか、「ちょっと走りすぎていない?」とか、
「周りに気配りが出来ている?」とか問いかけてみるのです。
思い当たることがあれば、自分を立ち止まらせるための神様の演出だったと考えます。

三番目の考え方は・・・
シンプルにそのジュエリーに気持ちが向いていなかったということ。
言いかえれば、心の底であまり大切にしていなかった、必要ではなくなっていたということ。
無くなったジュエリーがその気持ちを敏感に察知して、自ら姿を消したのかもしれないなと・・・。
もしプレゼントだとしたら・・・もう一度それをくれた人との関係を見つめ直す時かも知れませんし、
自分が買ったものであれば、思い切ってステップアップするために、もっと良いものを買おう!
頑張らなきゃ!というモチベーションになるかも知れません。


私自身、このような仕事をしていながら、大切なジュエリーを失くしたことは過去何回かあります。
大いに反省するところです。

でも、本当は失くさないことが一番いいですよね。
この季節は特に外で手を洗う機会も多いと思いますし、例えば日焼け止めなどを塗るときには
やっぱり指輪やペンダントは一度外したい・・・
そんな時には、バックに入れておける小さなジュエリーポーチが役立ちます。
よろしければ以前書かせて頂いた
『小さなポーチがジュエリーを救う!』のコラムを是非お読みください。
http://mbp-tokyo.com/aoyama21/column/5484

そして、お手持ちのジュエリーに悲劇が訪れないように、大切にしてあげて下さい。


============================================
青山宝飾 / 青山 陽子 
G.I.A.(米国宝石学会)G.G.
JJA(日本ジュエリー協会)JC
ジュエリー・リモデル・カウンセラー
ジュエリーデザイナー

店舗HP http://www.aoyama21.co.jp
代表Mail info@aoyama21.co.jp
東京都港区東麻布2-18-5 TEL 03-3583-2797
営業時間 月~金 10:30~18:30 土10:30~17:00
定休日  日曜・祝日
============================================

この記事を書いたプロ

青山陽子

青山陽子(あおやまようこ)

青山陽子プロのその他のコンテンツ

Share

青山陽子プロのその他のコンテンツ