まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
青山陽子

ジュエリーのリフォーム・リペア・オーダーメイドの専門家

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

コラム

効果的な手元バランス(リング編)

ジュエリーコーディネート

2011年3月7日 / 2014年7月31日更新

ジュエリーリモデルカウンセラーの青山陽子です。
今日のコラムでは、ジュエリーのコーディネート術についてお話させて頂きたいと思います。

まずは一番着ける機会が多いリングについて。
あまり着けなかったリングも、サイズを直して他の指に着けるようにしたら活用できるようになった・・・なんていうことも意外に多いのです。お手持ちのリングを最大限活用するためのヒントになれば幸いです。

効果的な手元バランス


【リングはどの指につけたらいいの?】

基本的にはどの指につけてもOK。でもリングのデザインと指の相性を考えるとより効果的につける事ができます。
ご自身の手を前に出して見て下さい。

まず人差し指。何かを指したり方向を決めたりする指ですから、当然力が入ります。そのパワーに負けない力強いちょっとボリュームのあるデザインが似合います。側面も見えますから、真上にデザインがあって腕の細いものより、幅があったりサイドまでデザインのあるものが映えます。

中指は、いちばん長く存在感があるので、大ぶりのデザインでも重くなりません。指の付け根もまっすぐなので、つけたバランスもきれいです。

薬指はつけた印象がやや控えめになります。華奢なデザインがいちばん似合う指です。そして、ご覧になるとわかりますが、指の付け根が斜めになっています。従ってこの指には流れのあるデザインや、曲線のあるデザインのものがよく合います。

小指用のリングはピンキーリングと言いますが、最近大変人気があります。そして実はつけ方によっては大変効果的なリングと言えるでしょう。ちょっと両手を前に出してみてください。誰かと向かい合わせに座った時(例えばお食事の時など)は小指ってとても目立つのです。あえてこの指だけをポイントにし、少し光るタイプのデザインなどをつけても良いでしょう。

【複数のリングを着けるときのポイントは?】

注意1.左右同じ指にはつけない

例えば左手の薬指につけたら、右手は中指や小指というように、左手と右手で違う指につけた方が洗練された印象になります。同じ指につけて左右対称になると、なんとなく垢抜けない感じになってしまいます。

注意2.ポイントの指輪を決める

同じようなグレード感、ボリュームのものだとそれぞれが主張しすぎてしまいます。あまり欲張らずその日のポイントになる指輪を決め、それを引き立てるようなコーディネートをするのがきれいです。

注意3.同じ手に複数の指輪はOKなの?

あまりおすすめはしません。なぜなら、隣同士の指につけたり、重ねづけしたりすると、金属同士触れ合う部分がかなり傷ついてしまうからです。また、つけ方によっては変形してしまう事もあります。もしつける場合は、中指と小指というように間隔をおいた方が良いでしょう。ただ、もともとセットリングとして作られているデザインもあります。これは重ねることによってより効果的に見せるものなので、自分のサイズにピッタリ合うものを選び、動いて必要以上に摩擦がおきてしまわない様気をつけて下さい。


以上の事をちょっと頭の片隅に置いてリングをコーディネートすると、その日のオシャレに効果的なアクセントになります。
是非お試しくださいませ。

この記事を書いたプロ

青山陽子

青山陽子(あおやまようこ)

青山陽子プロのその他のコンテンツ

Share

青山陽子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

青山陽子プロのその他のコンテンツ