まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
青山陽子

ジュエリーのリフォーム・リペア・オーダーメイドの専門家

青山陽子(あおやまようこ)

青山宝飾(東光企業株式会社)

コラム

プチリモデルの実例です

ジュエリーリモデル(ジュエリーリフォーム)

2011年3月4日 / 2014年7月31日更新


ジュエリーリモデルカウンセラーの青山陽子です。
ジュエリーリモデルというと「元のジュエリーの外観を変える」というイメージがあるかも知れません。
でも、ベースのデザインはあまり変えずに、金具や一部分の仕様を変えることによってイメージを一新させるリモデルもあります。
そんな「プチリモデル」の例をご紹介します。

画像の元のジュエリーは一粒タイプのシンプルなダイヤモンドピアス。少し大きなダイヤモンドで似たようなデザインをご購入し、このピアスはほとんど出番がなくなってしまったというお客様からのご依頼でした。
ダイヤを枠らからお外してデザインを変えることも出来るのですが、枠がしっかりしている綺麗なピアスなので、ちょっとした工夫で全く違った印象になるリモデルをご案内しました。

「揺れるタイプのダイヤモンドピアス」にチェンジする方法です。元のデザインはそのまま生かし、裏側の針だけカットして、新たにジャーマンスタイルのピアス金具を取り付けました。
お客様は揺れるタイプのピアスをお持ちでいらっしゃらなかったので、耳元で動きのあるピアスは新鮮で、しかも飽きのこないシンプルなデザインなのでどんな洋服にも合わせることが出来るととてもお喜び頂きました。

他にも、例えば片方なくしてしまったピアスを、デザインもそのまま生かしてペンダントトップに、男性のカフスをリングとペンダントに・・・など、プチリモデルの例はたくさんございますので、またご紹介させて頂きたいと思います。

この記事を書いたプロ

青山陽子

青山陽子(あおやまようこ)

青山陽子プロのその他のコンテンツ

Share

青山陽子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

青山陽子プロのその他のコンテンツ