まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
青沼理

戸建住宅から大型ビルまでの設計技術を持つ建築士

青沼理(あおぬまおさむ)

青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
042-401-5775

コラム

土壁の断熱性能

建築メモ

2011年11月18日

土壁の熱伝導率:0.62~0.69 (W/m・k)

グラスウール10Kの熱伝導率:0.05 (W/m・k)

データを比較すると、断熱性能は10倍以下 という値

世界先進国的には、不十分なレベルだが、
現在の日本での断熱基準となる次世代省エネ基準『等級4』で
東京(IV地域)での値は、

グラスウール10K、100mm(10cm)

これと同等の断熱効果を土壁でとるとすると

(土壁熱伝導率)0.69÷(グラスウール)0.05×100mm=1380mm

なんと、1.38mもの壁が必要となることに!


断熱性能だけで見ると、残念ながら土壁は断熱材とはいえない。

なのに、なぜ土壁の家は 「夏涼しく、冬暖かい」 といわれるか

それは

土壁は熱容量が大きいから、と言うことになる。

土の熱容量は、グラスウールの約80倍。

熱容量とは、
たとえば、就寝前に暖房を切ってから、明け方までどのくらい室温が下がるか、というときに
土壁の蓄熱性が大きな効果を発揮して、室温の変化が少なくすむ効果がある。


しかし、いずれも 『しっかり施工して、本来の性能を発揮する』 ということを忘れてはならない。



※ 熱伝導率とは物質内の熱移動のおこりやすさを表す係数。
(熱伝導率が低い=熱が伝わりにくい  ⇒ 断熱性能が高い。)



この記事を書いたプロ

青沼理

青沼理(あおぬまおさむ)

青沼理プロのその他のコンテンツ

Share

青沼理プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-401-5775

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青沼理

青沼建築工房有限会社 一級建築士事務所

担当青沼理(あおぬまおさむ)

地図・アクセス

青沼理のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-07-22
youtube
youtube
2016-04-28
rss
rss
2018-02-04
facebook
facebook
google-plus
google-plus