まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
天野仁

離婚・男女問題・金融関連に強い弁護士

天野仁(あまのひとし)

弁護士法人ステラ

コラム

裁判や調停でDNA鑑定を求められた場合拒否できるか?

その他

2018年5月17日

親子関係を確認したい場合、DNA鑑定を用いれば白黒つけることが可能です。しかし、DNA鑑定は任意ですので拒否することもできます。いくら真実を明らかにするためとはいえ、強制することには問題があると考えられています。

嫡出否認の訴え、親子関係不存在確認の訴え

民法772条1項では、「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する」としています。さらに2項においては「婚姻の成立の日から200日を経過した後、または婚姻の解消もしくは取り消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定」しています。

仮に、妻が生んだ子が夫の子でなかったとしても、この期間に生まれた子は、法律上は夫婦の子であると認められます(嫡出推定)。このことを否定するためには、嫡出否認の訴えを起こす必要があります。嫡出否認の訴えは、原則として夫のみが提起でき、期限は子が生まれたことを知った時から1年以内と定められています。

一方、「できちゃった結婚」「授かり婚」などの場合、婚姻後、200日を経過せずに子どもが生まれることがあります。この場合、嫡出子として届出ることはできますが、父子関係を否定しようとする場合、「親子関係不存在確認の訴え」を提起することになります。これは、利害関係を有するものは誰でも提起でき、期間についても無制限です。

また、嫡出子として推定される期間に生まれた子どもであっても、夫が行方不明、服役中など、妻が夫の子どもを懐胎することが不可能な場合も、嫡出推定を覆すためには、嫡出否認の訴えではなく、親子関係不存在確認の訴えによることになります。

父子関係を証明する方法

それでは裁判となった場合、父子関係の証明はどのように行うのでしょうか。

過去の判例にあるのは、懐妊した時期に父親と認められる男性と肉体関係にあり、かつ、その他の男性との肉体関係が認められず、さらに子どもとの間に血液型の矛盾がない、などが判断材料でした。しかし、近年はDNA鑑定が発達し、生物学上の父子関係はDNA鑑定を行えば高い確率で確認することができます。

DNA鑑定は強制できない

しかし、DNA鑑定を行うためには、血液などの提出といった父親の協力が必要です。
そして相手がこれを拒んだ場合は強制できません。

DNA鑑定を行わない場合は、最終的には裁判所の判断となります。
男性が親子関係を否定しながら、DNA鑑定を拒否するようなケースについては、協力しない姿勢そのものを判断材料とされる可能性もあります。

この記事を書いたプロ

天野仁

天野仁(あまのひとし)

天野仁プロのその他のコンテンツ

Share

天野仁プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-5572-3143

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

天野仁

弁護士法人ステラ

担当天野仁(あまのひとし)

地図・アクセス

天野仁プロのその他のコンテンツ