マイベストプロ東京
天野仁

離婚・男女問題・金融関連に強い弁護士

天野仁(あまのひとし)

弁護士法人ステラ

コラム

不倫で慰謝料を不倫相手や配偶者に請求できる様々なケース

2018年5月9日

テーマ:不倫

離婚の慰謝料は、暴力や不貞など、相手の不法行為によって離婚のやむなきに至った場合、その精神的苦痛を和らげるために支払われるものです。

不倫の慰謝料については、ついつい感情的になりがちですが、法的な意味を理解し冷静に話し合いを行いましょう。

不倫で慰謝料が発生する条件

たとえば、夫が浮気をして、それが原因で離婚となった場合、妻が夫に対して慰謝料を請求するのは当然のことと思われます。問題は、夫の浮気相手にまでその責任を問えるかという点です。

浮気相手に慰謝料を請求できるかどうかのポイントは、

〇相手に家庭があるのを知りながら関係を持ったこと

〇不倫交際が原因で婚姻関係が破綻したこと

が挙げられます。

なお、法律上は夫婦であっても、実質的に夫婦関係が破綻していた場合、離婚の原因が不倫交際にあるといえないため、相手の女性に損害賠償を請求することはできません。さらに夫に対して、不倫交際の慰謝料を請求することも難しいでしょう。

独身であると嘘をついていた場合

夫が浮気相手に「独身である」と嘘をつき、不倫交際をしていた場合はどうでしょう。

相手の女性にしてみれば、普通の男女交際をしていたに過ぎません。ましてや、夫のほうから働きかけていますので、この場合、夫に慰謝料請求はできても、相手の女性にまで責任を問うことは難しいでしょう。そればかりか、貞操権の侵害を理由に、相手の女性から夫へ慰謝料請求をされてしまう可能性もあります。

相手に過失があれば慰謝料請求が可能

ただ、夫の不倫交際相手に「過失」があったと認められれば慰謝料請求ができるかもしれません。この場合の過失とは、「女性が交際相手の男性が既婚者であることを、容易に知ることができた状態」のことを言います。

普通に考えれば既婚者とわかるのに「気づかなかった」というのは、過失として判断される可能性があります。

たとえば不倫交際相手が常に結婚指輪をしていた、週末や連休などに会えない、自宅の場所を教えてもらえない、また呼んでもらえないなど。そして長期間にわたり交際が続いている場合も、そのあいだに既婚であることを知る機会があったと判断されます。また、ふたりが同じ職場の場合も、相手が既婚であることを十分に知り得る機会があるため、過失を主張するのは難しいでしょう。

ちなみに、こうしたケースの慰謝料の相場は、支払能力などによって大きく異なり、収入が高い夫の場合は高めの慰謝料を命じられる可能性があります。

この記事を書いたプロ

天野仁

離婚・男女問題・金融関連に強い弁護士

天野仁(弁護士法人ステラ)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

天野仁プロのコンテンツ