マイベストプロ東京
雪山大

高品質で期待以上の成果につなげる額縁メーカー代表

雪山大(ゆきやまたけし) / 額縁&ケース製造販売

株式会社アルナ

コラム

フレスコ画、テンペラ画、アクリル画

2020年3月26日

テーマ:絵画の基礎知識

コラムカテゴリ:趣味

フレスコ画
 歴史:古く紀元前からローマ人が行っていたと伝えられる
 由来:語源的には「新鮮」の意味
 技法:①【湿式法】ブオンフレスコ:湿った漆喰の上に耐アルカリ性の顔料を水で溶いた
      もので描く
    ②【乾式法】フレスココッセ:乾燥した漆喰の上に描く


フレスコ画

テンペラ画
 歴史:13世紀から16世紀にかけて絵画の主流をなしてきた技法である
 由来:テンペラの語源はラテン語のテンペラーレ
 技法:フレスコ画法から発展し、油彩画の上に併用する画法から油絵具の体質に発展
    フレスコより光沢をもち、色彩の審美性に優れている


テンペラ画

アクリル画
 歴史:20世紀の科学技術の発展により発見されたアクリル樹脂が使われるアクリル絵の具を
    使った絵
 技法:顔料の発色を妨げず、画面は鮮やかな発色を保つ・扱いが簡単で乾燥後は完全な
    耐水性となる
 特性:透明性・対圧力・曲面加工のしやすさがあり、低コストである

アクリル画

この記事を書いたプロ

雪山大

高品質で期待以上の成果につなげる額縁メーカー代表

雪山大(株式会社アルナ)

Share

関連するコラム

雪山大プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-878-4811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

雪山大

株式会社アルナ

担当雪山大(ゆきやまたけし)

地図・アクセス

雪山大のソーシャルメディア

facebook
Facebook