まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
森晃子

アメリカ標準英語発音矯正スコット・ペリーメソッド講師

森晃子(もりあきこ)

アメリカン・コミュニケーションズ

コラム

スコット・ペリーの哲学

発音矯正トレーナー スコット・ペリー

2018年4月1日 / 2018年5月3日更新

戦後、なぜか英語発音指導を横においてきた日本の教育。私が英語発音矯正スコット・ペリーメソッドを広めたい理由をご紹介し、日本の義務教育に英語発音が取り入れられるために活動しています。

今回は、発音矯正トレーナー スコット・ペリーの哲学と英語の発音と会話についての事実をご紹介します。

[[wiki スコット・ペリー https://ja.wikipedia.org/wiki/スコット・ペリー_(トレーナー)]]https://ja.wikipedia.org/wiki/スコット・ペリー_(トレーナー)

1. 1万回の間違い
英語を習得するためには、間違いを受け入れそこから学ばなければいけません。あなたは英語を習得する前に1万回の間違いが必要です。すべての間違いを済ませた時、本当の改善が始まります。

2. 日本語英語=カタカナ英語は間違いではない
日本で何百万人もの人々に話されている言語です。アメリカ英語、イギリス英語、 オーストラリア英語、日本語英語があります。あなたの日本語英語を修正する必要はありません。それをそのまま維持した方が良いです。本当に必要なことは新しいアクセントを学ぶことです。アメリカ人がどのようにアメリカ英語の音を作るのかを正確に学ぶ必要があります。それがスコット・ペリーが指導することです。

3. 平均的な日本人の英語
ネイティブ英語スピーカーに 40%しか理解されません。残り60%は正確に理解されず誤解されています。実用的なビジネス英語は通常レベル3もしくは4を起点としています。 レベルについては別コラムをご覧ください。

4. 語学スキルと知性
多くの人々が、あなたの語学スキルを知性と結びつけています。知的な言葉を使いながらはっきりと話す人は、ほとんどの社会において、より有能でより頭が切れる人だと見なされます。スコット・ペリーのプログラムは、コミュニケーション中、あなたの最高な見せ方と発音を指導することにより、あなたを他の競争相手より優位に立たせます。これが私が指導する全てです。

5. 相手の発音に基づいて商談が進む
オフレコでアメリカ企業経営層が、プレゼンテーションや交渉中の相手の発音に基づいて、商談を断った経験があるそうです。理由は、容易に意思疎通を図ることができないだろうということと、ビ ジネスを行う過程で発生する可能性のある、複雑な状況を解決することができな いだろうということでした。言い換えると、彼らが一番良く理解できるような発音の人に満足するということです。

6. サウンドライティング
英語を読むことは英語の発音を改善するためには良い方法ではありません。実際には、問題を増やしている可能性もあります。
スコットの受講生は、スコットが長い年月をかけて開発した新しいサウンドライティングシステムを使うことにより、とても早く上手に話します。
サウンドライティングとは特に日本人向けに開発されました。正しい音を推測するのではなく、発音すべき正しい音を見ることができます。発音を改善するためには、リスニング能力だけを 使うことが一番です。読んで発音を改善することを期待しないでください。

7. アメリカで暮らしても発音は良くならない
ニューヨーク市の平均的な日本人居住者は10年以上住んでいます。もっと長く住んでいる人もいるでしょう。
ニューヨーク市で開催したスコットのセミナーに参加した日本人の平均居住年数は15年でした。アメリカで暮らして15年経過した人の発音レベルは、一度も海外に住んだことがない日本人の発音レベルより、わずか1.5 ポイント高いだけでした。
一般的な英語能力は素晴らしいのですが、発音は平均的な日本人の発音レベルより少し上なだけでした。とても一生懸命に多くのことを試しましたが、発音を改善することはできませんでした。なぜだか分かりますか?

8. どの国の英語を学ぶか
世界中の様々な地域出身の複数の講師達に英語指導してもらうことは良くありません。もしあなたがイギリスとビジネスをするなら、イギリスのネイティブ講師のみを講師として迎えてください。様々な地域出身の 講師達を混ぜることは、はっきりと話すための能力を低下させるだけです。

9. TOEICと英語アクセント
TOEICは難しく、受験者に対して非現実的な期待を抱いています。文法と語彙は問題ではないかもしれませんが、受験生に様々な地域の英語のアクセントを理解させようとすることは、時間とエネルギーの無駄です。アメリカの英 語ネイティブスピーカーでさえ、イギリスとアイルランド出身の人々が話していることの全てを理解することはできません。私達はオーストラリア、フィリピン出身の人々の英語、そしてヨーロッパ諸国出身の人々が話す英語も同様に、理解するのに苦労します。
全ての英語は同じではありません。まずは一つの言語とアクセントを習得することが一番です。あなたのビジネスにおいて最も必要なアクセントに重きを置いてください。

10. あなたの環境や身体的特徴
環境や身体的特徴があなたの発音とリスニングを改善する能力に影響を与える可能性があります。
ヨガをしている、水泳をしている、大阪に住 んでいる等のいくつかの特徴、そしてあなたの舌の DNA でさえ、短期間で英語発音を習得する能力に影響を与えます。
自ら願って発音を矯正したいという真剣に取り組む方には、スコット・ペリーメソッドではこれらのトピックあるいは英語に関連するトピックについてお伝えすることができます。しかしながらメンバー以外の方には残念ながら、このメソッドとどのように成功を成し遂げるのかについてはお伝えすることはできません。

“Speak English With Confidence”
Tell me what you think.

ぜひスコット・ペリーメソッドの素晴らしさ、スコットの熱意を感じてください。

この記事を書いたプロ

森晃子

森晃子(もりあきこ)

森晃子プロのその他のコンテンツ

Share

森晃子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-4405-3664

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森晃子

アメリカン・コミュニケーションズ

担当森晃子(もりあきこ)

地図・アクセス

森晃子プロのその他のコンテンツ