まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
朝見光宏

虫歯の再発を防ぐ世界水準の歯科医師

朝見光宏(あさみみつひろ)

秋葉原歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3251-8745

コラム

毎月8日は「歯ブラシ交換デー」。歯ブラシ交換のタイミングは?

2018年3月9日

秋葉原駅 昭和通り口より徒歩0分、秋葉原歯科 院長の朝見光宏です。

ライオン株式会社の申請によって、先月より
毎月8日は「歯ブラシ交換デー」と制定されたのだとか。



確かに、歯ブラシ交換の目安は
1か月に1回程度と言われますから、
毎月8日と決まっていることで
忘れずにチェックすることができそうです。


歯ブラシ交換の目安ですが、
もちろん同じ歯ブラシを朝昼晩と使い続ける場合と、
朝晩は家で、昼は職場や学校で
それぞれ違う歯ブラシを使うのでも違います。

「歯ブラシ交換デー」や「1か月」というのは
歯ブラシの状態を見直すきっかけにとどめ、
実際は毛先が開いて、
歯や歯ぐきに毛先が当たらなくなってきたら、
時期を問わず交換するのがおすすめです。

歯磨きで、ほとんどの汚れを落とすのは歯ブラシの「毛先」です。
歯の汚れ、
いわゆるプラークは粘着性でこびりつくので、
毛先でかき落とす必要があります。
毛先が開いて、歯に毛先が当たらない状態では、
かき落とすどころか撫でる程度にしかならず、
汚れは十分に落ちないのです。

また、毛先が開いていると
歯のすき間の細かい部分にも届きにくくなります。
いわゆる「四角い部屋を丸く掃いている」状態になってしまい、
毎日歯みがきしていても、隅の方は汚れが残ってしまうのです。


8日でなくても
「毎月○日」や「毎週○曜日」を
「歯ブラシの状態をチェックする日」と決めたり、
新しい歯ブラシを下ろした日を、
洗面所のどこかに記録したりしておくのもいいかもしれませんね。
歯みがきの効率を高めてお口を守るために、
ご自身やご家族に合うスタイルで、
ぜひ定期的に歯ブラシをチェックしていってください。


文:秋葉原歯科 院長 朝見光宏
国立東北大学歯学部卒業。30年間で6,000人以上のセラミック治療、5,000人以上の入れ歯治療を行う。更なる技術向上を求め、2009年にアメリカ インディアナ州立大学 歯学部 審美歯科のフェロー(特別研究員)の称号を取得。2012年にも同大学 インプラント科において客員講師の称号を取得。歯を美しく見せる審美歯科(インプラント)専門医として、高い技術力が評判を呼び、数多くの医療関係の方や遠く鹿児島や海外からも患者が来院する。

専門分野
・欠損補綴(インプラント・義歯治療)
・審美歯科(ホワイトニング・セラミック治療)
所属学会
一般財団法人 野口英世医学研究所 歯科部会/日本歯科医療コーディネーター協会 代表/米国 インディアナ州立大学歯学部 ホワイトニングプロフェッショナル/米国 インディアナ州立大学歯学部 歯周学インプラント科 客員講師/国際口腔インプラント学会 認定医/日本アンチエイジング歯科学会 認定医

秋葉原歯科
無料カウンセリングルーム(動画説明)
―――――――
☆審美歯科・入れ歯・インプラント専門歯科医秋葉原歯科朝見光宏☆

【秋葉原歯科 朝見光宏】ホワイトニング・審美歯科・入れ歯・インプラント・前歯治療・奥歯治療・低価格・医療費控除対象・東京秋葉原で口コミNo1・失敗なし
―――――――

この記事を書いたプロ

朝見光宏

朝見光宏(あさみみつひろ)

朝見光宏プロのその他のコンテンツ

Share

朝見光宏プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3251-8745

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

朝見光宏

秋葉原歯科

担当朝見光宏(あさみみつひろ)

地図・アクセス

朝見光宏プロのその他のコンテンツ