まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
朝見光宏

虫歯の再発を防ぐ世界水準の歯科医師

朝見光宏(あさみみつひろ)

秋葉原歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3251-8745

コラム

歯周病予防は認知症予防に

2018年2月26日

秋葉原駅 昭和通り口より徒歩0分、秋葉原歯科 院長の朝見光宏です。

国立長寿医療研究センター、
名古屋市立大学などの研究により、
歯周病が認知症の悪化を招くメカニズムが解明されたそうです。



実験によると、
認知症のマウスの脳内では歯周病菌から出る毒素や、
免疫細胞が細菌を攻撃するために出すたんぱく質が増え、
アルツハイマー型認知症悪化の原因となる
アミロイドβが作られる量も増えていたのだとか。

これまで、お口と認知症の関係については
「歯の数が少ない人ほど認知症になりやすい」、
「しっかり噛めるようになると、脳への刺激で認知症が改善しやすい」
といったことが言われてきました。

今回、歯の状態や噛み合わせとは別に
歯周病の関連も明らかになったことで、
歯周病の治療、予防への関心も
より高まってくるのではないでしょうか。


高血圧や糖尿病などに比べてあまり知られていませんが、
歯周病は生活習慣病のひとつ。
予防にも、毎日の生活習慣が密接にかかわってきます。

健康についてはつい「今現在、不具合がなければ良し」と考えがちです。
ただ、予防の観点では、
各年代の人が10~20年先を見据えて
生活習慣を意識していく必要があると思います。

子どもであれば、歯みがきや手洗いなど
大人になっても健康のために必要な生活習慣を身につける。
10~20代ではバランスの良い食事の内容を考える、
ストレスマネジメントをするなど、
将来の体に負債を残さない生活習慣を身につける。
30~40代からは生活習慣病予防、
認知症予防を意識した生活習慣を身につける……
そう考えると、噛み合わせや歯周病のケアは、
大人であればいつ始めても早すぎることはないと思います。

歯周病は慢性疾患です。
痛みなどは徐々に出るので気づきにくく、
明らかに症状が出る段階ではかなり悪化していて、
治療に費用や時間がかかることが多い。

ですから「症状が出たら治せばいい」ではなく、
普段の生活で改善していきましょう。
「自分の健康は自分で守る」という意識を持って
取り組むことが必要です。

文:秋葉原歯科 院長 朝見光宏
国立東北大学歯学部卒業。30年間で6,000人以上のセラミック治療、5,000人以上の入れ歯治療を行う。更なる技術向上を求め、2009年にアメリカ インディアナ州立大学 歯学部 審美歯科のフェロー(特別研究員)の称号を取得。2012年にも同大学 インプラント科において客員講師の称号を取得。歯を美しく見せる審美歯科(インプラント)専門医として、高い技術力が評判を呼び、数多くの医療関係の方や遠く鹿児島や海外からも患者が来院する。

専門分野
・欠損補綴(インプラント・義歯治療)
・審美歯科(ホワイトニング・セラミック治療)
所属学会
一般財団法人 野口英世医学研究所 歯科部会/日本歯科医療コーディネーター協会 代表/米国 インディアナ州立大学歯学部 ホワイトニングプロフェッショナル/米国 インディアナ州立大学歯学部 歯周学インプラント科 客員講師/国際口腔インプラント学会 認定医/日本アンチエイジング歯科学会 認定医

秋葉原歯科
無料カウンセリングルーム(動画説明)
―――――――
☆審美歯科・入れ歯・インプラント専門歯科医秋葉原歯科朝見光宏☆

【秋葉原歯科 朝見光宏】ホワイトニング・審美歯科・入れ歯・インプラント・前歯治療・奥歯治療・低価格・医療費控除対象・東京秋葉原で口コミNo1・失敗なし
―――――――

この記事を書いたプロ

朝見光宏

朝見光宏(あさみみつひろ)

朝見光宏プロのその他のコンテンツ

Share

朝見光宏プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3251-8745

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

朝見光宏

秋葉原歯科

担当朝見光宏(あさみみつひろ)

地図・アクセス

朝見光宏プロのその他のコンテンツ