まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤森哲也

生涯パートナーを目指す次代の不動産コンサルタント

藤森哲也(ふじもりてつや)

株式会社 アドキャスト

お電話での
お問い合わせ
03-5773-4111

コラム

中古住宅を購入する際の注意点③ 【築年数を確認する】

2012年1月22日 / 2014年7月31日更新


築年数については耐震基準に適した時期(昭和56年5月31日が基準)の建築物かどうかでも価値は変わります。
住む際の安心感も違いますし、売却する場合にも、耐震基準に適した時期の物件の方が有利と思います。

また、築年数が20年以上など古い場合は、税制の特典も変わってくることがあります。
住宅ローン減税などは、数百万の違いが生じることもあります。

謄本には目安となる新築時期が記載されています。
※注:謄本記載の年月日は、建築確認を受けた時期ではありません。
   

住宅ローン減税などは受けられる物件なのか?
新耐震基準が施行された昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた建物か?
などの確認を行って購入を検討しましょう。



この記事を書いたプロ

藤森哲也

藤森哲也(ふじもりてつや)

藤森哲也プロのその他のコンテンツ

Share

藤森哲也プロのその他のコンテンツ