まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤森哲也

生涯パートナーを目指す次代の不動産コンサルタント

藤森哲也(ふじもりてつや)

株式会社 アドキャスト

お電話での
お問い合わせ
03-5773-4111

コラム

中古住宅を購入する際の注意点①【建替え時期を考える】

2012年1月22日

中古住宅を購入する際の注意点の一つに、将来どの時期に建て替えが必要となるかを見極めることがあります。

築年数が建て替え時期に近い物件を購入した場合、
その残債が多額に残っているうちに建て替えのタイミングをむかえ、
もともとの購入資金に、更に建て替え資金(約2,000万円/月々の返済約7万円)が
上乗せとなり、その後の支払いがショートしてしまう失敗が考えられます。

通常木造住宅の寿命は25年~30年と考えられます。

・その時期は何年後に来るのか?
・建て替えの資金はどう捻出するのか?
・自分はその時、何歳なのか?
・借入することは可能か?
・自己資金はいくら貯蓄できているか?

それらを購入時に検討することで、上記のような失敗を回避し、
安心・安全な不動産購入に近づけると思います。

この記事を書いたプロ

藤森哲也

藤森哲也(ふじもりてつや)

藤森哲也プロのその他のコンテンツ

Share

藤森哲也プロのその他のコンテンツ