まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

「景気が悪いから・・・」それって本当?                【介護 福祉】

その他

2016年1月6日

私の所属するCBP(ケアビジネスパートナーズ)の
原田 匡さんのメルマガ『ケアビジネスSHINKA論』に、
非常に興味深く、また共感できるお話があったので、
(長文ですが)本日はそれを共有させて頂きたいと思います。

**********

“本当にそうなのかな?”と若干疑いながらも、
何となく風評や総論めいた周囲の声に合わせて、
さも、自分の意見のように語ってしまうことってありませんか?

代表的なフレーズが、

「景気が悪いからねぇ。。。。」

という言葉。

確かに、マーケットの中で一定のシェアを握っているような大企業であれば、
大きな経済の流れの煽りをダイレクトに受ける事もあるでしょう。

納得できる話です。

しかし、私たちのような中小企業にとって、「景気が悪いからねぇ。。。」
という理屈は、果たして本当にあてはまるのでしょうか?

私見ながら、私は99%の確率で“あてはまらない”と思っています。

「当社が目標利益に到達するまでには、後幾ら足りないのだろう?」

「そのためには、あと何人のお客様を集めなければならないのだろう?」

「その数をこの商圏で集める事は、果たして不可能なことなのだろうか?」

「本当に、“景気が悪いから無理”なのだろうか?」

自問自答すればするだけ、“環境<<自己の努力”
という現実と対峙せざるを得なくなってきますよね。

これ、本当によくある話です。

私たちの業界に当てはめて考えるとすると、その最たるものは、

“小規模事業者は自然淘汰される”という言葉かもしれません。

全国にセミナーでお邪魔していると、この言葉の持つ重みや不安に頭を覆われ、
半ば“思考停止”になっている経営者に出会うことがあります(とても罪な話です)。

そんな時、メッセージを込めて、私はいつも次のように語ります。

「小規模事業者が自然淘汰されていく、、本当でしょうか?
確かに小規模事業者は、経営資源が少ない、

という意味において、環境変化に耐える事が出来る経営体力が弱い、
ということは、事実として言えるのかもしれませんし、ひょっとすると、
その意味では、この言葉に、一定の正当性はあるのかもしれません。

しかし、だからと言って、“小規模=自然淘汰”というロジックは、
乱暴すぎるのではないでしょうか?

正しくは、

“小規模事業者で、かつ、顧客から支持を得られていない、
稼働率が低い会社は、一気に自然淘汰される可能性が高まる”

ということなのではないでしょうか??」

例えば、私の周りに複数存在している、稼働率90%~100%近くで頑張っている、
定員10名のお泊りデイ。

都内(23区近郊)の某経営者によると、2014年度の平均月商は約390万前後。

毎月の経費は、最も高い賃料相場、最も高い物価相場、最も高い人件費相場、

という環境下、現金支出で約260万程度だったそうです(=約130万の利益)。

これが、2015年度に入り、報酬ダウンの煽りを受け、2015年4月には、
約365万前後に下落。(=約105万の利益)

その後、サービズ単価の見直しや更なる稼働アップの為の活動を行い、

2015年末には、380万円近くまで持ち直しています。
(=仮に経費が10万上昇したと仮定しても110万円の利益)

このデイは、恐らく、よほどのことがない限り、淘汰されることはないでしょう。

言うまでもないことかもしれませんが、事業者が自然淘汰されるかどうかは、

“規模が小規模かどうか”という要因よりも、

“高い稼働率を上げることが出来ているかどうか?”

“顧客(地域)から支持を受けているかどうか?”

の要因の方が、より因果関係が強い。

だとすれば、私たちの努力を及ぼせる範囲・余地は、

まだまだ十二分にあるのではないでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・

自社の存続・発展は、100%、

我々経営者・幹部の進化にかかっています。

制度に振り回されることなく、制度を上手に活用しながら、
自力で生き残る。

言葉では表現できないようなプレッシャーを感じることもしょっちゅうだと思いますが、
その分、ワクワク出来ることも沢山あるかもしれません

**********

いかがでしょうか?

皆様の事業経営のお役にたてれば幸いです。





◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/
 
     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ