まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

Q:ヘルパーが、介護する様子をブログにアップ。これってダメ?          【介護 福祉】

労務トラブル 

2015年9月8日

A:プライバシーの侵害に当たる場合には、
投稿者、事業所の双方に損害賠償請求がなされることもあります。

9月5日の朝日新聞にこんな記事がありました。

・・・

高齢の映画監督の男性と家族が

「介護中の様子をブログに書かれてプライバシーを侵害された」

として、訪問介護ヘルパーと派遣会社に
計2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、
東京地裁であった。

松村徹裁判長はプライバシー侵害を認めて、
ヘルパーと会社に計280万円の支払いを命じた。

判決によると、ヘルパーは2013年5~6月に3回、
介護のために男性宅を訪問。6月と9月の2回、
自らのブログに、男性の実名を挙げ、
歯みがきや着替えなど身の回りのことがうまくできない様子を書いた。

ブログでは、男性について「天使のように優しく穏やか」
などの記述もあり、訴訟でヘルパーは

「好意的な感情を持っており、プライバシー侵害の意図はなかった」

と主張した。

だが判決は

「私生活上の公開されたくない事実を書いた」

と判断。

会社に対しても

「個人が容易に情報発信できる状況なのに、研修などの十分な指導監督をしなかった」

として、それぞれに賠償を命じた。

・・・

おそらくこのヘルパーさんは、本当に悪意なくこのブログを書いたのでしょう。

しかし、だからといって本人の許可なく実名をあげたり、
本人が特定できるような写真をそのまま載せたりすることは、
やはり許されません。

事業所側にも、これだけSNSが普及し、多くのトラブルが起きている時代ですから、
インターネットリテラシーに対する教育をする義務があります。

「ヘルパーが勝手にやった」では済まないのです。

フェイスブックなどでも、「ここまで書いていいの?」「行政への通報は?」
というような事案が、実名とともに投稿されているのを散見します。

安易な投稿は、想像もしていなかったようなトラブルを生む
可能性があるということを、肝に銘じておきましょう。

SNSトラブルへの具体的な実務対応については

SNSトラブルへの実務対応




◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/


◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ