まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

ラマダンと介護施設      【介護 福祉】

人事 労務

2015年7月30日

ラマダン支える介護施設-。

昨日、あるニュース番組でそんな特集をしていました。

ラマダンとは、イスラム教徒が1か月、日の出から日の入りまで
飲食を経つ「断食」を行うことです。
(正式には、イスラム歴の第9番目の月、という意味のようですが)

埼玉県のある介護施設では、研修に来ているイスラム教徒の方が、
この厳しいラマダン中体調を崩さないよう、入浴介助などの力仕事から
外すなどのサポートをしていると言います。

ラマダンに限らず、一日に5回のお祈りの時間も確保。

研修生が働きやすい環境づくりを進めているそうです。

社労士として気になったのはこうした場合、施設側の安全配慮義務が
どこまで問われるのかということ。

特に今の時期、一日中飲まず食わずの状態でいたら、
当然に熱中症の危険も出てきますから、
力仕事をさせないなどの施設側の配慮は当然と言えます。

理解のための教育が不可欠


EPAによる受け入れ事業ほか、介護業界の人手不足解消のため、
外国人を受け入れる現場はこれからもっと出てくるでしょう。

実際に、東南アジアやブラジルなどから、
直接職員を採用しようという施設もあります。

「外国からの職員受け入れ」というと、言葉の違いや
介護技術のレベルといったことばかりに目が行きがちですが、
宗教上の慣習や決まり事について、職場全体が理解をしていなければ、
長く勤務してもらうことは難しいでしょう。

現場の職員に対しても、受け入れる外国人にとって、
その宗教や信仰がどのような位置づけなのか、
宗教的な文化、義務、してはいけないことなどについて、
あらかじめ周知しておく必要があります。

その上で、事業所としてどのような対応ができるのかを事前によく話し合い、
具体策を練っておくことで、スムーズな業務遂行が可能になるのではないかと思います。

NHK ONELINE@首都圏





◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ