まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

それってホントに必要?~タガヤセ大蔵の例から~                  【介護 福祉】

その他

2015年7月17日 / 2015年7月21日更新

ケアビジネスパートナーズ代表の原田 匡さんのメルマガに、

“タガヤセ大蔵”

というデイサービスのお話が載っていました。
(このお話自体、greensというサイトからの引用なので、
引用の引用となりますが、ご容赦!)

“タガヤセ大蔵”は、世田谷区大蔵にあるディサービスで、
スタッフやご利用者以外にも、地元の方が沢山足を運ぶという、
ユニークな施設です。

非常に興味深い記事なので本当は全部をご紹介したいのですが、
かなりの長文なのでリンクをご覧いただくとして、私がなるほど、と思ったのは、
この施設を作る際にあったある出来事です。

タガヤセ大蔵は、築30年の木造アパートを改築して
デイサービスの施設として使用しているそうなのですが、
もともとは住宅として建てられている建物なので、
大幅なリノベーションが必要でした。

建物のオーナーである安藤さんという方は、
もともと百貨店のバイヤーとして働いていて、
介護業界とは無縁の方。

空室が目立ち始めたこのアパートを、様々な試行錯誤の上
タガヤセ大蔵として活用することになるのですが・・・。

実は、このタガヤセ大蔵、デイサービスだというのに手すりがあるのは
トイレと浴室だけだと言います。
私も、様々な施設を見学していますが、施設内に手すりが無い
高齢者施設というのは、記憶にありません。

なぜ手すりがほとんどないのかというと、安藤さんいわく

「手すりだらけの空間は、居心地がいいものではないから」。

「福祉施設っぽくない福祉施設」をめざし、デザイン性を追求したいという思いから、
施工段階で待ったをかけたというのです。

実際に運営事業者としてかかわることになった社会福祉法人の方も、
最初は“意味が理解できなかった”といいます。

でも、最終的に家具の配置やサポート体制の工夫で、
手すりが無い施設であっても十分に高齢のご利用者を受け入れることが
可能になったそうです。

記事中にもありますが、福祉の世界では

「手すりがあるのが当たり前」「手すりはあればあるほどよい」

とされています。

勿論それは、転倒などの危険を防ぐためにやむを得ないことなのかもしれませんが、
介護業界とは無縁の安藤さんの目から見ると、「ほんとにそんなに必要?」と、
疑問に映ったということでしょう。

これは、介護・福祉業界に限ったことではありませんが、
その世界の常識が全て正しいわけではありません。

「この業界では、こういうものだから」
「他の施設でもやっているから」

そんな思い込みや慣習にとらわれず、多様な角度、視点から
物事を見ることの大切さを教えてくれた記事でした。

greens





◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ