まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

メンタル不調と現場でのリスク  【介護 福祉】

人事 労務

2015年7月8日 / 2015年7月9日更新

先日、心の病での労災が最多になったというニュースをお伝えしました。

“心の病での労災最多に”

これに関連して、ケアマネタイムスに、興味深い記事が載っていました。

~現場の心の変調は事故リスクも高める~

厚労省より、平成26年度の「過労死等の労災補償状況」が公表されています。
(中略)
~そうした中で、特に「社会保険・社会福祉・介護事業等」の分野での請求件数が、
業種別中分類でトップになっている状況は見逃せません。

介護・福祉系の業務というと、肉体労働・頭脳労働とともに
「感情労働」に関する負担が大きいと言われます。

たとえば、認知症の人の不安と混乱の中での心理状況に寄り添うためには、
支援者側は自らのメンタルを継続的にコントロールしなければなりません。
人生の先行きに絶望感などを抱きがちな利用者も多い中では、
その目線に立ち続けることも、強いメンタル調整が求められます。

そうした中では、無意識のうちに自分の心に負荷をかけ、
メンタルをすり減らしていく場面も増えていきます。
(中略)
精神障害による労災申請が特に介護・福祉現場で多いというのは、
それだけ「心の変調」を感じている職員のすそ野も広がっていることを示します。

この点を考えたとき、現場における判断力・集中力の低下が蔓延している
可能性もあるわけで、問題は利用者の安全確保の困難さにもつながっていきます。

(27.7.6付ケアマネタイムより引用)

介護や福祉、医療もそうですが、ヒヤリ・ハットに対する意識は
とても高くなっていると思います。

が、その原因の一つともなりえる職員のメンタル不調への対応にまでは、
手が回らないというのが現状ではないでしょうか。

記事でも指摘していますが、人手不足に汲々としている現場において、
個々に対応するのは困難です。

国に抜本的な対策を求めたいところです。





◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ