まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

プラスのストロークを送ろう。   【介護 福祉】

私は介護事業所の職員さんに向けた研修で、
いつもこんなお話をしています。

「プラスのストロークを送ろう」

「ストローク」という言葉は、日常的によく使われています。

ゴルフクラブやテニスラケットでボールを打つこと、
水泳でひとかきすることも「ストローク」と言いますが、
ここでは「なでる」と訳してください。

「いい子だね」と子供の頭をなでると、
その子はとてもうれしい気持ちになりますよね。

つまり、「ストローク」とは相手の心に対する働きがけのことなのです。

相手の心を嬉しくさせたり、楽しくする働きかけが「プラスのストローク」、
逆にいやな気持にさせたり、無視することを「マイナスのストローク」と言います。

人間の体に栄養が必要なように、心にも当然栄養が必要です。

その栄養となるのが「プラスのストローク」なのです。

プラスの気をまとうためには、まず自分自身が相手に
「プラスのストローク」を与えられる存在にならなければなりません。

相手の存在や価値を認め、

「あなたがそこにいるのを知っていますよ」
「あなたは価値のある存在ですよ」

という働きかけをするのです。

すると、「プラスのストローク」をもらった人は幸せを感じ、
とてもうれしい気持ちになります。
そして、より多くの「プラスのストローク」を発した人のもとに、
もっと多くの「プラスのストローク」が還ってくるのです。

「精神的ストローク」と「身体的ストローク」



さて、この「プラスのストローク」には、
「精神的ストローク」と「身体的ストローク」の二つがあります。

・精神的ストロークとは
これは主に、言葉や表情によるストロークです。
「褒める」「励ます」「労をねぎらう」「存在価値を認める」」「感謝する」
「賛成の意を表す」「笑顔で挨拶」「拍手する」「熱心に相手の話を聞く」「丁寧に教えてあげる」
といった行為が該当します。

・身体的ストロークとは
これは、スキンシップによるストロークです。
「なでる」「さする」「肩をもむ」「握手する」「手を添える」「腕を組む」
「手をつなぐ」「ハグする」「ハイタッチをする」といった行為がこれに該当します。
身体的ストロークは、相手との一体感を高め、ときとして
精神的なストローク以上の効果を発揮します。(ただし、相手との関係性によっては
セクハラ!と言われてしまうかもしれませんので、その点はご注意を!)

さあ、みなさんも毎日誰かに「プラスのストローク」を投げかけましょう。

他人に投げかけたプラスのストロークは、やがて自分に還ってくるばかりか、
皆さんの「人間力」を大きく育ててくれます。



友達 女性



◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ