まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

Q:賃金表って、必ず必要?    【介護 福祉】

人事 労務

2015年4月21日

A:事業規模によっては、必ずしも必要とは言えません。
メリットとデメリットを考え、適切に導入しましょう。

昨日は、

・給与を見直すなら、不利益変更にならないように
・ボーナスや退職金なども含めて総合的に
・本当に必要な手当かどうかを考える

といったことをお伝えしました。

等級表や段階号俸表は絶対に必要か


給与を決める時、等級表や賃金表を基準に決める場合があります。
等級表とは、この仕事ができる人は○等級、といったように、
仕事の段階に応じて階級を決めるものです。

決定した等級に応じて基本給を決定する基準となるのが、
賃金表といわれるものです。
(段階号俸表など、その種類はいくつかあります。)

等級表や賃金表には、次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット:評価の基準が明確になるので、職員が安心できる。
       評価がしやすい。
       求められる人材像がわかりやすい。

デメリット:毎年必ず決められた金額昇給しなければならない。
      適正な評価ができないと、実際の等級とズレが生じる。
      

ある程度大きな事業所になると、多くの職員を一律に管理する必要がありますから、
こういったものを活用するのもよいでしょう。
社会福祉法人などでは、公務員給与に準拠するという意味で
段階号表を使用しているところも多いと思います。

しかし、小さな事業所では職員の数もおのずと少人数になりますから、
必ずしもこういったツールを使わなくても、手当等を調整することで十分対応できるでしょう。

目指すのは「公平感」「納得感」


このように、等級表や賃金表は、絶対になくてはならない
というものではありません。

大切なのは職員の「納得感」

介護や福祉の職場では、職員同士の横の連携が強いため、
給与明細を見せ合うなどということも珍しくありません。

給与を「なんとなく」や「今までずっとこうだったから」などという理由で
きちんと考えて決めてこなかった事業所では、そんな時

「なんでこの人、わたしよりお給料がいいのかしら?」
「私、こんなに頑張っているのにあの人よりもお給料が安いなんておかしい!」

といった不信感が芽生えてしまいます。

等級表や賃金表の有無にかかわらず、
「あなたはこういう能力や資格があって、
こういう所をこの基準で評価したから、このお給料なのよ」と、
職員が納得できるような制度にしておくことが大切です。





◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ