まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

「経営者」としてやるべきことをやっていますか?   【介護 福祉】

その他

2015年3月19日

4月からの介護報酬改定を受け、厳しい状況に置かれかねない事業所が多い中、
私の尊敬する介護エナジャイザーの原田正さんから以前伺った、
こんな話を思い出しましたので、ご紹介いたします。(長文です。)

・・・

~その経営者は、日々、本当に一生懸命に仕事に取り組まれていました。
人が足らないから現場に入り、経理も事務も一人でこなし、
本当に毎日、夜遅くまで仕事をされていました。

しかし、会社の業績はと言うと、残念ながら、青息吐息の状態。

自らが現場に入っているから何とか会社は維持できているものの、
慢性的に赤字状態が続いていました。

“でも、こんなに頑張っているんだし、いつか必ずいいことがありますよね?“

その方は、疲れた顔ながらも笑顔を見せながら、自らを励ますように、
そして、自らの行為を周囲に肯定して欲しいかのように、
私の目を見ながら同意を求めてきます。

しかし、その方と何度か会ったことがある私は、どうしても、
そのような表面的な会話が出来ないままにいました。

意を決した私は、相手にとって非常に厳しい言葉になる事を承知で、
次のようにお話しました。

“社長、気持ちはよく分かります。日々、本当に、頑張っていらっしゃいますものね。
でも、残念ながら、この状態を続けていても、ダメなものはダメだと私は思いますよ。”

表情が段々こわばるその方を前に、私は続けました。

“だって社長、社長は今、やらなければいけないことをやっていないでしょ?
どんなに頑張っていても、やらなければならないことをやらなければ、
苦手な事、嫌な事から逃げていては、残念ながら、
何も事態は変わりません。むしろ、時間が経過するだけ、
傷はどんどん深まるだけです。社長、いい加減、
“努力に逃げる”ことを止めませんか?

社長には、経営者としてやらなければならないことがあるはずです。”

人がいないから、現場に入る。人がいないから、自ら事務をする。
瞬間的には、そのような対応をしなければならないことがあることもよく分かります。

しかし、それをずっと続けていてはダメですよね。
それは、明らかに、経営者の仕事として優先順位が高いものではありません。

今、経営者がやらなければならないことは、営業かも知れませんし、
現場の教育かもしれませんし、はたまた採用なのかもしれません。

組織のトップとして、ご利用者やご家族を守るために、職員を守るために、
関わる人々を守るために、“出来る事をやる”のではなく、
“経営者としてやるべきことをやる”ことを意識しなければなりません。

~中略~

時にはそれが、自らの性格にとって、困難を伴う場合もあるでしょう。

でも、本来、経営者という仕事は、あくまでも組織上の機能、役割であり、
その人の性格がどうこうという問題ではないはずです。

極論すれば、その経営者自身の性格がどうとか、そんなことはあまり関係ありません。

繰り返しになりますが、“出来る事”をやるのではなく、
“やるべきこと”をやらなければならないのです~
・・・

皆さんは、「経営者」としてやるべきことをやっていますか?



◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ