まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
五井淳子

介護業界の人財育成・人事労務に特化した社会保険労務士

五井淳子(ごいじゅんこ)

アクティ労務管理事務所

コラム

Q:ケアマネさんの労務管理ってどうしたらいい?   【介護 福祉】

人事 労務

2014年12月22日

A:ケアマネさんのように、ご利用者様の都合によって
その日の勤務時間を変更しなければならないような職種の場合には、
「フレックスタイム制」を導入するとよいでしょう。





「フレックスタイム制」とは、職員が始業、終業の時間を
自分で決めることができる制度のことです。

自律的に仕事を進めることができるケアマネさんにとっては、
非常に便利な勤務形態です。(あくまでも「自律的に働ける方にとって」
ということなので、それができない方については、
職場やご利用者様にとって迷惑なことになりかねませんからご注意を!)

フレックスタイム制を導入するには、労使協定の締結が必要です。
(監督署への届け出は不要)

労使協定には、以下の事項を定めます。

1.対象労働者の範囲
2.清算期間とその起算日
3.2の清算期間における総労働時間
4.標準となる1日の労働時間
5.コアタイムやフレキシブルタイムを設ける場合、
その時間帯の開始および終了時刻(「コアタイムとは勤務していなければいけない時間帯、
フレキシブルタイムとは自由に就業できる時間帯のことです。)

2の「清算期間」とは、職員が働くべき時間を定める期間のことで、
1か月以内と決められています。
(一般的には、給与の計算期間に合わせて1か月とすることが多いようです。)

上記労使協定のほかに、就業規則で
フレックスタイム制についての定めもしておきましょう。

全て自由にできるわけではないことに注意!



この制度を導入する際の注意点としては、以下が考えられます。

・職員が自由に就業時間帯を決められるからといって、
早朝や深夜の勤務が続くような働き方をさせてはいけない。
(安全面や健康面を考えて!会社の安全配慮義務が問われます。)

・清算期間の総労働時間が40時間(特例適用の場合は44時間)を
超えないように労働させる。これを超えたら残業代が発生することを忘れずに!

・自由度が高い制度ではあるが、なんでも職員の自由に決められるわけではないので、
誤解を与えないようにきちんと制度設計および説明をする。

フレックスタイム制以外にも、女性が多いケアマネさんのこと、
子育てと両立できるよう短時間勤務制を導入する、
家庭の事情に合わせてお休みを調整できるようにするなどの工夫がなされると、
働きやすさを実感していただけるのではないかと思います。


◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆
     五井 淳子の仕事に対する想いとは?
      http://www.acty-kaigo.com/idea/

     介護のプロを育てる秘訣とは?
   http://www.acty-kaigo.com/lp/ningenryoku/

  介護保険、介護事業政策に関する旬な情報はこちら
      http://www.acty-kaigo.com/useful/
◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆

この記事を書いたプロ

五井淳子

五井淳子(ごいじゅんこ)

五井淳子プロのその他のコンテンツ

Share

五井淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5489-5851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五井淳子

アクティ労務管理事務所

担当五井淳子(ごいじゅんこ)

地図・アクセス

五井淳子のソーシャルメディア

facebook
facebook

五井淳子プロのその他のコンテンツ