マイベストプロ東京
髙木理恵

介護業界の負のサイクルを解消するコンサルタント

髙木理恵(たかぎりえ) / 介護施設コンサルティング

株式会社AccoFit

コラム

高齢の一人暮らしを考える

2019年4月25日

テーマ:高齢者が抱える問題

コラムカテゴリ:医療・病院

一人で暮らすことはとても辛いのよ! みなさんどう考えますか?


介護アドバイスを行うお客様から「87歳でひとりで暮らすのは、とてもしんどいのよ」
と話す要支援2を受ける女性の方です。

一軒家でお一人で暮らすと家の修繕や掃除、部屋の片づけやご近所付き合いなど様々なことがあります。「若い時はなんでもなかったことが、年を重ねると生きているのが辛くなる」と話します。

以前も、「振り込め詐欺が近所であって、怖くてね」とお話されましたので

私は「すぐケアマネに連絡して、市役所など無料で電話機に取り付け録音できる機械を貸してもらえますからお願いしてください」とお話しました。


また、体調の悪い時は大変でした。今年の冬インフルエンザに罹ってしまい買い物にも行けなかったので、買い物を代行しました。

「髙木さんは私のいのち綱だわ」とおっしゃっていただきました。

なんだか複雑な思いもしました。私にとっては車があり簡単に買い物が出来て何でもないことが、高齢者の一人暮らしの方には「生きずらい」という事につながっているんだと改めて感じました。


娘さんは車で40分くらいの所に住んでいますから、「いざという時」はすぐに来てもらえるようですが、しかし「娘には婿さんがいるし定年して自宅にいるから、なかなかお願いしずらいの」と話されます。


「これから一人で、いつまで自宅で暮らせるかしら?」


「施設に入ることも考えるけど、主治医の先生から施設に入ったらボケるぞと言われたの」と
話されます。「施設が良いなら入りたいんだけど、髙木さん良い施設知らない?」と質問されます。


私は介護施設のコンサルティングをしています。良い施設の定義は色々でしょうが

高齢者が望むことは

・安心して暮らせる場
・食事が充実していること
・自分で出来ることは自分でやりたい
・施設内での楽しいことをした
・家族がいつでも遊びに来てほしい

これらのことを多くの高齢者は望んでいます。

しかし、介護職員不足で多くの介護施設は困っているのも現状です。


私の結論は、ご自宅でひとりで暮らすにも介護施設で暮らすにも、とにかくトレーニングを重ね

「自分のことは自分でやるという意識を持つ」

「自分が好きなことはやり方を変えてもやり続ける」

「部屋にとじ込まらず、いろんな方とお話をする」

「少しでもいいので、誰かの役に立つことをする」これはこころの安定になります。
家の周りのお掃除でも、近所の子どもに挨拶して励ましてあげることも、施設内でお手伝いすることも、自分がいることで誰かに喜んでもらえる、それが自分の喜びにつながります。


介護施設職員育成でよくお話させて頂くことは

うまくいかない時は

どうしてこうなったか(原因を見つける)

どうしたら良くなるか考える(方法を一人で考えチームで考える)

自宅から施設に入るという決断は、相当いろいろ葛藤されて入所されていると思うんです。
ですから介護職に関わる方々は、学び・意識を変え・良いサービスをし喜んでいただく。
これが仕事の誇りになるという信念を持って、介護施設のコンサルティングをしています。


私達もいずれは歳をとり高齢者になります。誰でもが必ず通る道です。


わが社の使命は、自宅で暮らす高齢者でも・施設にいる高齢者でも、自分で身体とこころを
整えていただける仕組みとプログラムを、多くの方に届けることだと感じております。

この記事を書いたプロ

髙木理恵

介護業界の負のサイクルを解消するコンサルタント

髙木理恵(株式会社AccoFit)

Share

髙木理恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-537-7230

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙木理恵

株式会社AccoFit

担当髙木理恵(たかぎりえ)

地図・アクセス

髙木理恵プロのコンテンツ