まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
阿部恵

議員・経営者に特化。聴衆の心を動かすスピーチコンサルタント

阿部恵(あべめぐみ)

confill (コンフィル)

コラム

スピーチ練習法~五感にうったえる

スピーチのコツ

2018年7月28日




スピーチの練習法


挨拶する機会の多い経営者や
士業の方におすすめの
「スピーチ練習法」についてです。


ちょっとした会合やセミナーで
話していると、時々
「緊張して話がとんでしまって・・・」
という方も多いようです。


準備していた通りに進まないと
焦りますよね。


そこで、
スピーチや挨拶の準備の時に
「五感で覚える」というやり方を
オススメしたいと思います。


五感で覚える?




自分が話す時も、
相手に話す時も、

視覚、
聴覚、
触覚など

五感に働きかけていくと
記憶にうったえる力が増大
していきます。



例えば、
【自分がスピーチの練習をする時】


原稿を書いただけでスピーチの練習、終了~!


では、
少々もったいないですね。



これ、
原稿を見るという「視覚」と
原稿を書くという「触覚」

だけですから。


視覚・聴覚・触覚でシナジー効果?



さらにもうワンステップ上を目指すなら

声に出して読む
=「聴覚」 を加え、


更に、
ジェスチャーを入れる
=「触覚part2(←勝手に命名)」


更に更に、
鏡の前で練習したり、動画撮影してみる
=「視覚part2(←勝手に命名)」


まで加えて、


3つ以上の感覚が
シナジー効果(=複合効果)
を生み出します。



そうすることで、
ご自身の五感が覚えているので


本番で原稿を忘れてしまっても、
その他の感覚が記憶していてくれるので


思い出しやすいという作用もあります。



スピーチの練習の際には

「五感にうったえる!」
「五感に記憶させる!」

ことを意識してみて下さいね。

特に、緊張しやすくて、
または話が飛んでしまった経験のある
経営者や士業の方々にオススメですよ!


スピーチのご相談はこちら

この記事を書いたプロ

阿部恵

阿部恵(あべめぐみ)

阿部恵プロのその他のコンテンツ

Share

阿部恵プロのその他のコンテンツ