まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
阿部恵

議員・経営者に特化。聴衆の心を動かすスピーチコンサルタント

阿部恵(あべめぐみ)

confill (コンフィル)

コラム

声が枯れるお悩み~その2

スピーチの悩み

2018年3月30日

声が枯れるお悩み~その2





セミナーや講演の後半になると
声が枯れてしまう~との
経営者様からのお悩みについて。


原因は
1:腹式呼吸ではなく、胸式呼吸になっている
2:喉の締め付けにより、声帯にストレスがかかっている


ことが考えられ、
前回、その1「腹式呼吸と胸式呼吸」について書きました。
【こちらのコラムをご参照】


原因その2~喉の締め付けについて


そこで今日は、その2の
「喉の締め付け」についてです。



声が枯れてしまう方の多くは
喉を締め付けて話すクセがあるようで
過度なストレスをかけている傾向があります。


ボイストレーニングの先生は
「声帯を閉じる」
という言葉を使いますが、
これ、私も最初、さっぱりわかりませんでした(苦笑)



ですので、私が
自分のトレーニングで腑に落ちた
やり方をここではご紹介しますね。


喉の空間を広げる感覚



まずは、喉の空間を広げる感覚で
緊張せずにほんわか、細く、穏やかな音を
発してみてください。



「あ~」でも
「ふぁ~」でもいいです。



あくびをする時って
喉の奥の方の、空気の通り道が
広いですよね?



そんなイメージで
「ふぁ~♪」です(笑)


声の通り道を広げる



喉の緊張感をなくし、
声の通り道を広げるイメージで
声を発すると
ストレスがかかりませんよ。



その時、お腹から声が出ていると
いいですね。
(↑腹式呼吸です)
【詳しくは こちらのコラム をご参照】


しっかりと空気をお腹に入れて
喉を締め付けずに
口から出していく感覚です。


文字だけだとちょっと難しいですかね?


トレーニングで上達!


トレーニングで喉を開放して
発声する方法は身に付きますので
まずはご自身で試してみてくださいね。


「自分では無理だったぞ!」
という方は
お手伝いさせていただきますよ(笑)


ご相談・お問い合わせはお気軽にコチラまで!

この記事を書いたプロ

阿部恵

阿部恵(あべめぐみ)

阿部恵プロのその他のコンテンツ

Share

阿部恵プロのその他のコンテンツ