まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
小林多賀子

女性の未来を支える保険代理のプロ

小林多賀子(こばやしたかこ)

有限会社ユウ・アイ・コンサルティング

コラム

期待について

心理学・コーチング

2016年4月21日

【期待】について

「あの人はそんな人だと思わなかった」
「期待してた対応と違ってて裏切られた感じ」

こういった感情になることってありますよね。

私も昔はこの感覚がありました。

そして、この逆もありました
勝手に期待値を上げられて(^_^;)
「期待と違うと」怒られたこともあります・・・。

それがここ数年まーーーーーったくないのです。
期待することも、勝手に期待されて怒られることも(^_^;)

なぜなのかな?と自己分析してみると
「相手に期待していないんだな」と分かりました。

何かすごくニートラルなんです。

私が相手に期待していないので
相手も私に期待しなくなったのでしょね。

【現実に起こる全てのことをあるがままに受け入れる】

この感覚になってからです。


相手に【期待】しないって

一見冷たいようですが

その人をあるがままに認める

良い、悪いなどのジャッジしないで

その人自体をあるがままに受け入れる。

【期待】と言うのは、

自分の価値観で相手を評価し

その基準に沿って

相手を自分の思うままにコントロールしたいと言う

心の欲求の現れのように思うんです。

それってまるで支配。

そして、見返りを求める(無意識の場合もあります)

見返りは何も品物とかだけでなく

言葉や態度やサービスなど

何かが返ってくることを求めている

自分の基準に従えば返ってきて当然

そして相手が思ったとおりに動かなければ

落胆⇒失望⇒不信感⇒怒りと(勝手に)進んでしまう・・・。

そもそも怒りとは

自分の脳の中で勝手に描かれた期待と

現実とのギャップですよね・・・。

そうなんです、今の私はこの期待値がゼロ
何も期待していないんですーー。

そうなると怒りの感情すら起こらない。

毎日、心穏やかに過ごせてニュートラル



ニュートラルになると

何かが返ってくるかどうかなんてどうでもよくて

私がそのようにしたいからそうするのであって

それを伝えてるだけで

それ以上私の力は及ばない

そこに期待や執着してもしょうがない。

そして期待をしないと言うことは

お互いを心から信頼して尊重していると言う感覚なのです

相手の潜在意識を信じている

宇宙を信じているのと同じ感覚

自分も世の中も人も生きとし生けるもの全て

大宇宙のエネルギー下では

良くなるしかないんです。

【期待】を手放すと

すごく楽になりました。

【期待】ではなく【信頼】

相手の選択を100%信じている
在るがままの相手を100%信じている
相手の選択の結果がどうであれ、それを100%受け止める
それが【信頼】だと思います。

良い、悪いとそこに私がジャッジすることはなくなりました。

なので失望することも、ありません。

あるのは
【現実に起こる全てのことをあるがままに受け入れる】だけです。

[[見出し:豊かな人生を創造するマネー×心理学セミナー]

・9月22日(土) 参加受付中
サンライフ北島 13:00~15:00
無料(要予約)
女性限定
テーマ
・お金の教養
・あなたの魅力を発揮するコミュニケーション術


詳しくはこちら
http://bit.ly/2Nqe7vP

お金と心の専門家
小林 多賀子

この記事を書いたプロ

小林多賀子

小林多賀子(こばやしたかこ)

小林多賀子プロのその他のコンテンツ

Share

小林多賀子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-22
facebook
Facebook

小林多賀子プロのその他のコンテンツ