マイベストプロ徳島
宮本博樹

屋根のプロ

宮本博樹(みやもとひろき) / 職人

フジスレート株式会社

お電話での
お問い合わせ
088-697-0247

コラム

セラミックボードとパネルーフ

2020年1月15日

テーマ:コラム

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: DIY

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今冬は非常に暖かいですが、朝晩は気温が低くなることも多く体調を崩しやすいと思います。

また、長い休み明けでやっとエンジンがかかってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、本日は再度私共の製品の中から、屋根材(瓦)とは少し違った製品をご紹介させて頂きます。

まずはしばしばご紹介している「セラミックボード」


セラミックボードは、主にお住まいのベランダ部分に敷き詰め、グレードアップを図ったり、不燃材料である事を生かし大事なお住まいのベランダからの延焼を防いでくれたりします。

この商品、実はとある南国のリゾートホテルのバルコニーで数十室まとめてリフォーム採用いただいていたり、

ベランダだけでなく、低層アパートの屋上部分に敷かれていたりしています。

いろんな部分で使われているこの「セラミックボード」ですが、皆さんも意外な使い方がないか考えるのも楽しいと思います。

普段私共は主に一般の住宅に対して屋根材や「セラミックボード」などを販売していますが、こういったものもあります。

「パネルーフシリーズ」






こちらの「パネルーフ」は、大きな規模の建物の屋上防水の保護などの目的で使用されます。

屋上は防水層がむき出しだと、紫外線などの影響で劣化が早く、雨漏りの恐れが強くなりがちです。  又、防水層の上に保護モルタルを施工した場合は、こちらは「重くなる」「万一雨漏りがあった場合に簡単に修理できない」などのデメリットがあります。

その点において、弊社の「パネルーフ」ですと、防水層の保護をもちろんしながら、比較的軽量で、なおかつ乾式のブロック工法なので1枚ずつ簡単に取り外し、メンテナンスが出来ます。

ちなみに事例として、「豊洲市場」「横浜美術館」「京都国際会館」「能登空港」「熊本県立美術館」などで採用いただいています。

なんか大規模な建物ばかりで一般の方にはピンと来ないかもしれませんが、上で掲載している写真の最後のコマは、普通の住宅の建物の外側に敷き詰めたものです。

理由は…草が生えるのを防ぐ!=防草機能に期待して採用されています。

いろんな使い方がありますね。
宜しければご一考くださいませ。

暖かいとはいえ、まだまだ冬が続きますが、お体にお気をつけください。
それでは、また来週。

この記事を書いたプロ

宮本博樹

屋根のプロ

宮本博樹(フジスレート株式会社)

Share
関連するコラム

宮本博樹プロのコンテンツ