マイベストプロ徳島
宮本博樹

屋根のプロ

宮本博樹(みやもとひろき) / 職人

フジスレート株式会社

お電話での
お問い合わせ
088-697-0247

コラム

ドローン点検時のお客様の反応と高所作業とドローン

2019年11月13日 公開 / 2019年11月26日更新

テーマ:コラム

コラムカテゴリ:住宅・建物

みなさんこんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。

ここ数日、私共のある徳島県では、いいお天気が続いているようです。
調べてみると、11月に入ってから約2週間ほど、雨が降っていないようですね。

朝晩は少し寒くなってきましたが昼間は暖かく、職人さんのように屋外の現場に出る人にとっても仕事日和のようです。



さて、ワタシの方は、最近ドローンを使用した屋根の点検にあちこち行かせてもらっています。
屋根の上での点検作業とドローン


お客様の中には最初は「ドローンって落ちひんかいな?」とか「ご近所に先にご挨拶に行かなあかんのかいな?」とかご心配されていましたが、いざ飛行を始めドローン目線で見ることが出来るゴーグルを覗いてもらうと、「これは面白い!!」と非常に喜んでいただけました。

他にも、瓦工事店様の「ご自宅をドローン撮影しているところにその息子さんが帰ってきて、同じようにゴーグルで見てもらうとこれまたすごく大喜びで、声を出したり飛び跳ねたりしていました(ひょっとすると夢に出てくるかもしれませんね)。


下の写真は最初のお客様のご自宅です。


この現場は屋根が急勾配(6寸~7寸勾配)で、さすがの屋根職人さんもこのままでは屋根に上ることが出来ませんが、ドローンを使うことで屋根に上らなくても屋根の点検が出来ます。

っていうか、この現場はドローンがなければ(もしくは屋根足場がなければ)屋根に上ることすら出来ません!

(実はルール上、2m以上の高さの場所で作業をする場合には高所作業となり、安全を確保しなければいけません。皆様ご注意ください。)


写真のように屋根の寸法を測ることも出来ます。
便利な世の中になったものです。

後、ドローンを飛ばすときって、今現在かなりルールが厳しくなってきていて、飛行物件ごとに事前登録が必要になったりしています(先日も関空にドローンが侵入してきて飛行機の離発着が1時間も遅れたというニュースがありましたね)。


私共はもちろん上記のルールを順守していますし、他に保険にも加入していますのでご安心ください。

ドローンを飛ばせる屋根のプロがお伺いしますので屋根の点検、ご相談はぜひフジスレートへお問い合わせくださいませ。


では。
富士スレート株式会社

この記事を書いたプロ

宮本博樹

屋根のプロ

宮本博樹(フジスレート株式会社)

Share
関連するコラム

宮本博樹プロのコンテンツ