マイベストプロ徳島
宮本博樹

屋根のプロ

宮本博樹(みやもとひろき)

フジスレート株式会社

お電話での
お問い合わせ
088-625-0247

コラム

太陽光パネルの取り付け方

2019年7月10日 公開 / 2019年7月16日更新

テーマ:太陽光発電

梅雨に入り、じめじめムシムシ鬱陶しい季節です。皆様、体調には十分気を付けてくださいね。

私も皆さんと同じくカラッと晴れた太陽が待ち遠しく思っています。

太陽といえば仕事柄太陽光発電システムを思い浮かべてしまうのですが、先日、屋根の点検に伺った際に太陽光パネルが設置されていました。




どちらの業者で設置されたのかはわかりませんがその太陽光パネルはどうやら屋根材に対応していない部材を使用していたようで、瓦が少し浮いてしまっていました。




職人さんの手が入るくらい隙間が出来てしまっています。


基本的に太陽光パネルメーカーは屋根材の種類別にパネルの取り付け部材を指定していますが、施工業者様によっては時々強引な施工をしてしまうこともあるようです。

当たり前のことですがきちんと適応した部材を使用しないと雨漏りその他の不具合になる可能性もありますし、何より太陽光メーカーの保証なども出ない可能性が出てきます。

実は太陽光パネルの取り付けって作業自体はそんなに難しい技術とかは必要ないのですが、住宅用の屋根に取り付ける場合は、作業自体が屋根の上(少しの油断で大事故につながります!)な事、又、取り付けられる側の屋根材や瓦の種類もかなりの数がある為に屋根に関しての専門の知識が必要不可欠になります(屋根を見ただけで使っている商品を判別したりある程度瓦の下にある見えない部分の仕様を予測したりできるんですよ!)。

当社には、経験豊富なスタッフがいますので、取り付け前の段取り等、施工に関しても、安心して任せていただけると自負しておりますので、設置に関心がある方は、一度相談して頂ければ幸いです。


瓦の専門家が開発した、瓦メーカーだからできた太陽光パネルの新工法!はこちら↓
ソーラーガシット工法

では。


富士スレート株式会社

この記事を書いたプロ

宮本博樹

屋根のプロ

宮本博樹(フジスレート株式会社)

Share
関連するコラム

宮本博樹プロのコンテンツ