まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
宮本博樹

屋根のプロ

宮本博樹(みやもとひろき)

フジスレート株式会社

お電話での
お問い合わせ
088-625-0247

コラム

わが家の太陽光発電量シミュレーション

太陽光発電

2015年12月29日

みなさんは太陽光発電システムを設置するとして
ご自宅がどの程度発電できる環境にあるのか気になりませんか?



こちらは某メーカーの発電シミュレーションです。
いつもお見積書と一緒にお渡しさせていただいています^^
やはり発電量はとても重要視されるところですよね。

ところがこのシミュレーションは
あくまで導入参考にご覧ください、
というお話をさせていただいております。

メーカーが発表しているシミュレーションというのは
過去数十年の平均値で算出されています。

ですが、太陽光発電の発電量はそのときの気象条件(日射量)に大きく影響されますから
いつも同じ条件というわけにはいきません。
どうしてもその年の気象条件が大きく反映されてしまいます。

ですので天候によって
時にはシミュレーション値の倍くらい多く発電したり、
雨が例年よりずいぶんと多かったりすると、
シミュレーション値のたった半分しか発電しないということも起こり得ます。

このことを知っていないと故障したんじゃないのかな、
と不安になられる方もいらっしゃるようです。

実は四国では先月の11月がその様な状態にありました。


こちらは気象庁のHPからお借りした
過去の地域平均気象データです。

日照時間平年比のところに着目してみると
10月は138%
11月は72%

降水量の平年比は
10月は25%
11月は176%

今年の11月は平年よりずいぶんと雨が多かったんですね。

実際にとあるお家の太陽光発電システムを確認させていただきました。
シミュレーション上では
11月の発電量は277kwhのはずが、
今年は204kwhしか発電しませんでした。


これはびっくりしてしまうかもしれませんね、
故障かも・・・って思ってしまいますよね。

でも故障じゃないんです。
ソーラーに異常がある場合は、
毎月一定の発電量がシミュレーションよりマイナスになるものです。

例年の平均と比較して発電量が少なかったとしても、
簡単に故障とは言えないところが難しいですよね。

ちなみにインターネットで検索すれば
太陽光発電システムの発電量計算式や
メーカーさんの発電シミュレーションが
出てきますから
ご興味のある方は探してみてもいいかもしれませんよ^^

もっと細かく詳しく知りたい方は弊社にご連絡ください。
あなた様のお家に合った最適プランをご提供させていただきます!
==============================================

屋根の葺き替え・修理・塗装も
ぜひご依頼ください。

==============================================

この記事を書いたプロ

宮本博樹

宮本博樹(みやもとひろき)

宮本博樹プロのその他のコンテンツ

Share

宮本博樹プロのその他のコンテンツ