マイベストプロ徳島
西岡巨樹

小・中学生の男子対象に、勉強の「本気と楽しさ」を伝授するプロ

西岡巨樹(にしおかなおき) / 学習塾

学習塾T-CRAM(ティークラム)

お電話での
お問い合わせ
088-624-6777

コラム

私が小学生の指導に力を注いている点

2020年3月25日 公開 / 2020年3月30日更新

テーマ:塾の方針

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

姿勢

国語や算数などの学科の内容をふつうに教えることの他に、学ぶ姿勢や授業の受け方を教えることに、私は重点を置いています。それは、こんなタイプの小学生が少なくないからです。

先生が説明をしているときに、耳を傾けていない。
よく分からないのに、そのことを伝えられずにただ黙っているだけ。
問題を雑に解いて、不注意なミスを多発させる。

そのうち何とかなるだろうと思って放置するのは、後悔の元になってしまうでしょう。
何とかするためには、やはり、何かしらの対策が求められます。

ここで、3人の生徒の事例を挙げて、私がとった解決の手立てを示します。

話を聞かないA君

A君は私が話しているときに、急にしゃべり出す。「人の話は最後まで聞くように」と注意すれば、そのときは聞ける。しかし、時間が経つと、また元に戻る。

そんな悪い予測が立っているのに、A君を放置するわけにはいきません。
そのため、私の口調はきつくなってきます。
それに耐えながら、じっくり時間をかけながら、A君は改善していきました。
A君が辛抱できたのは、おそらく、私がムチをふるう合い間に飴を与えたからなのかもしれません。
1年経ったころ、A君はかなり人の話を聞けるようになりました。
その証拠に、「今、先生は何と言いましたか?」の質問に何度も即答できたのです。

質問しないB君

B君は「分からない」ときに、何も言わずに固まってしまう。私が動かなければ、永遠に黙ったまま。

質問ができない状態を放置することは、将来的にもB君のためになりません。
そのため、少しずつでも質問ができるように促します。
まずは、その授業で何か1つ、B君自ら「これはどうやってするんですか?」と言うことから始めました。
数か月後に、それはB君の口癖となり、躊躇なくできるようになりました。
その後は、回数も増え、発言内容が変わってきました。
「このやり方ではダメですか?」「もう1度言ってください」「これってテストによく出るんですか?」などのように。

適当なものを提出するC君

C君はとにかく取り組みが雑。間違えることが当たり前だとも思えるくらい、毎回のプリントで必ずいくつか間違える。その原因は、早く済ませようとし過ぎていること。家でも宿題をさっさと済ませて、早くゲームをしたいのだとか。本人は宿題をきちんとしていると言い張るが、実際に確認してみると、空欄がいくつかあり、乱雑に書かれている。とりあえず適当に埋めた感じ。

C君には、まず、意識改革が必要で、適当に埋めた宿題がダメなんだと思わせなければなりませんでした。そのため、毎回の塾の宿題チェックを厳しくしました。「見直しをしてから提出しなさい」と「相手に伝わる字で書きなさい」というセリフを、C君は耳にタコができるくらい聞かされたはずです。最初はなかなか改善されませんでしたが、半年くらいたった頃にようやく変化が見られました。ある日の算数の宿題で、解答しているところはすべて正解で、字も整っていました。そのことを称賛すると、C君は嬉しそうでした。その後は、前の状態に戻ることがたまにありますが、たいていは問題なく進んでいます。

以上のように、勉強の姿勢に問題があるなら、小学生のうちに改善しておくことを強く勧めます。
なぜなら、小学生は第二次反抗期の前にあり、叱りを素直に受け止められる場合が多いからです。

当校では、飴とムチの考え方をもとに、生徒の至らないところの改善の手助けをしています。
生徒には、「できない」を「できる」に変えられるんだと実感してほしいです。

まとめ:小学生のうちに勉強の姿勢の部分を整えるべき。それは、中学以降の勉強の妨げにならないようにするため。

この記事を書いたプロ

西岡巨樹

小・中学生の男子対象に、勉強の「本気と楽しさ」を伝授するプロ

西岡巨樹(学習塾T-CRAM(ティークラム))

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

西岡巨樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
088-624-6777

 

088-624-6777(16時~22時)
090-9552-3462(上記以外の時間)

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西岡巨樹

学習塾T-CRAM(ティークラム)

担当西岡巨樹(にしおかなおき)

地図・アクセス

西岡巨樹プロのコンテンツ