マイベストプロ徳島
田尾俊典

脳梗塞などの後遺症改善を得意とするリハビリのプロ

田尾俊典(たおしゅんすけ) / 作業療法士

Rich Life(リッチライフ)

田尾俊典プロのご紹介

退院イコール「社会復帰」じゃない。自費だからこそできること(1/3)

田尾俊典 たおしゅんすけ

改善を目指すための本格的な場所を県内に

 「退院した人たちはどうなっていくんだろう」

 回復期病院で勤務中、体調が戻らないまま病院を去る人を見たのが独立のきっかけでした。リハビリトレーニングスタジオ「Rich Life(リッチライフ)」代表として、一作業療法士として、後遺症のある人たちのために尽力する田尾俊典さん。目標は、一人でも多くの体を元の状態に近づけることです。「病前のように趣味や仕事や役割を持てる人が少しでも増えてくれれば」と話します。

 同スタジオは、作業療法士と理学療法士の有資格者がそろう自費のリハビリ施設。脳梗塞やパーキンソン病、脊髄損傷による後遺症の改善などを目的とし「医療保険内での入院期間を過ぎた人たちに切れ目のない支援を」との思いから誕生しました。

 入院中のリハビリは「歩く」「トイレに行く」「着替える」など身の回りの動作が中心のため「車を運転したり、労働に出たりまでたどりつかない不自由な状態で終わる場合がある」と田尾さんはいいます。しかし、退院後のデイサービスや訪問介護では保険の関係から週に2〜3回と日数が限られ、現状維持がやっとだそう。

 「ただ最低限のことができればいい、というのは違うんじゃないか。しっかり改善を目指すなら、退院後に時間を惜しまない本格的なリハビリやトレーニングの場所が必要のはずだ。県内に脳梗塞や脊髄損傷の専門知識が豊富な施設がないなら自分で作るしかない」と2020年9月、リッチライフを徳島県・北島町に設立しました。

Share