マイベストプロ徳島
森本みどり

元CAが伝授する接遇マナーと社員教育のプロ

森本みどり(もりもとみどり) / 講師

オフィス リプル

コラム

新年ご挨拶/ 組織接遇改善と職場環境

2021年1月7日

コラムカテゴリ:ビジネス

「接遇改善を通して、職場環境改善に取り組みませんか」

新年あけましておめでとうございます。
旧年中、未曽有のコロナ禍の中、研修を実施させていただきました各事業所の皆様には
心より御礼を申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年は新型コロナの影響で日本だけでなく、世界規模で大変な1年でした。
国内においてもまだまだ先の見えないコロナ禍の中、年末からの感染者増大は留まることがなく、本日一都三県に再び緊急事態宣言の発令があるようです。

3密を避けるという意味で受講人数の多い研修は行えず、当オフィスも昨年は少なからず影響を受け、例年の研修数をこなすことはできませんでした。
ワクチン接種の朗報はありますが、まだまだコロナ収束の先は見通せず、今後はオンライン研修や少人数制研修など、新たな研修スタイルの構築に向け尽力しようと考えております。

コロナ禍の中ですが、保育所や老人福祉施設、障害者福祉施設など福祉関係の事業所からの接遇マナー研修のお問い合わせを時々いただきます。
福祉施設では、実際にその施設を利用する当人だけでなく、その保護者やご家族の方々との信頼関係づくりは、事業を展開する上で最も大切な部分です。

よく「言葉遣い」に関するご相談をいただきますが、言葉は相手とのコミュニケーションの
土台であり、人間関係を調整する機能をもっています。相手との関係に応じて、臨機応変に言葉を使いこなすことが大切です。
社会が多様化・複雑化する中で、正しい言葉遣いや話し方をしなければ、人間関係に大きな支障をきたし、本来やるべき福祉の仕事にも影響が及びます。

また、「組織接遇は掛け算」とよく言われます。1つの福祉施設の中で、多くの方々が様々な役割をもって利用者さんの対応にあたっています。多くの職員がどんなに心からの接遇を心がけていても、一か所でも不快や不安を感じさせる要素があれば、全てがゼロになってしまいます。すべての職員が一丸となって心地よい接遇環境、組織風土を創り上げていくことで、利用者さんだけでなく、働く人も集まりやすい組織になります。
気持ちよく、楽しく働ける職場環境を整えることが、結果的には利用者さんへの安心、安全、満足につながるのではないでしょうか。

接遇改善を通して、利用者満足の実現だけでなく、職場環境改善にもご一緒に取り組みませんか?
お問い合わせをお待ちしております。

この記事を書いたプロ

森本みどり

元CAが伝授する接遇マナーと社員教育のプロ

森本みどり(オフィス リプル)

Share

コラムのテーマ一覧

森本みどりプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
088-626-0848

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森本みどり

オフィス リプル

担当森本みどり(もりもとみどり)

地図・アクセス

森本みどりプロのコンテンツ